ビー・エム・ダブリューはプラグイン・ハイブリッド・スポーツ・カーBMW i8(アイ・エイト)に、クーペ・モデルである新型BMW i8 クーペを、さらに、オープン・モデルである新型BMW i8 ロードスターをラインアップに加え、全国のBMW i販売店において、2018年4月9日より販売を開始する。両モデルともに納車は2018年9月以降を予定している。

写真付きの記事はこちら

この新型i8では、搭載されるハイ・ボルテージ・リチウムイオン・バッテリー容量を従来モデルに比べ13Ah拡大させ、33Ahを実現した。、またBMW ツインパワー・ターボ・テクノロジーを搭載した1.5L 3気筒ガソリン・エンジンは最高出力170kW/231ps、最大トルク320Nm を発揮し、搭載される電気モーターは従来モデルより9kW/12ps引き上げられ定格出力105kW/143ps、最大トルク250Nmを発揮。これによりシステム全体出力は従来モデルより9kW/12ps 引き上げられ275kW/374psとなっている。

写真付きの記事はこちら

写真付きの記事はこちら

ボディ構造には、LifeDrive(ライフドライブ)構造と呼ばれるコンセプトを採用していて、パワートレインなどを収めるシャシーの役割を果たすアルミニウム製Drive Module(ドライブモジュール)および乗員などが搭乗する基本骨格(パッセンジャー・セル)となる炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製Life Module(ライフモジュール)によって構成されている。CFRPは高い強度を誇りながら、スチールより50%、アルミより30%軽量で、バッテリーによる重量増を、このCFRPとアルミのアーキテクチャーを用いることで相殺している。さらにこの軽量化と低重心化は、BMWの特徴である50:50という重量配分の実現にも貢献している。

またi8のラインアップに追加となる新型BMW i8 ロードスターは、オープン・エア・ドライビングを愉しめる電動開閉式ソフト・トップを採用した、ふたり乗りモデル。新型BMW i8 クーペ同様にフレーム・レスのシザー・ドアを採用している。電動開閉式ソフト・トップは、時速50km/h以下での開閉操作が可能となっていて、約15秒で開操作、閉操作が可能。屋根の収納スペース下には約100Lの収納スペースが確保されている。

■主な車両諸元

●BMW i8 クーペ

全長:4690mm
全幅:1940mm
全高:1300mm
ホイールベース:2800mm
車両重量:1590kg
車両総重量:1810kg
排気量:1498cc、直列3 気筒ガソリン・エンジン
最高出力:231PS(170kW)/5800rpm
最大トルク:320Nm/3700rpm

●BMW i8 ロードスター

全長:4690mm
全幅:1940mm
全高:1290mm
ホイールベース:2800mm
車両重量:1650kg
車両総重量:1760kg
排気量:1498cc、直列3 気筒ガソリン・エンジン
最高出力:231PS(170kW)/5800rpm
最大トルク:320Nm/3700rpm

写真付きの記事はこちら

写真付きの記事はこちら 写真付きの記事はこちら 写真付きの記事はこちら 写真付きの記事はこちら

BMW i スペシャルサイト

BMW i8 関連情報
BMW 関連情報