4月9日に大阪府大阪市にあるゲームバー「大阪ゲームバー1UP」「大阪梅田バーカティーナ」「ゲームバーClan(クラン)」の3店が、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)から家庭用ゲームソフトの無許諾上映について指摘を受けたのを理由に、閉店することを発表した。

【ゲームバー閉店の告知文】

 ゲームバーとは、テレビゲームやアナログゲームで遊べるスペースを設けたカフェ・バー。店によっては家庭用ゲーム機を据え置きし、著作権者に無断で家庭用ゲームソフトを無料でプレイできるようにしながらチャージ・ドリンク料金をとる店もあり、上映権を侵害しているとの指摘もある。2011年11月にACCSは全国のゲームバーに対し、著作権を遵守(じゅんしゅ)するよう文書で呼び掛けた。

 今回指摘を受けた3店は系列店にあたり、2013年10月に大阪ミナミで「1UP」、2016年5月に「カティーナ」が開店。2016年11月にオープンした「Clan」はカウンター24席、テーブル11席にゲーミングPCを16台設け“日本最大級のゲームバー”をうたっていた。

 ACCSの広報担当者によると、今回は3店が家庭用ゲームソフトを無許諾で上映していたとして、各店舗に代理人を通じて警告を行ったとのこと。具体的な運営・指摘内容については「詳細につきましては調査の性質上お答えできません」と回答を控えた。

 3店はACCSからの指摘を理由に、ビルとの契約期間満了となる2018年7月29日をもって閉店すると発表。しばらく営業することについてACCSは「協会としましては、著作権侵害行為が今後も続いているのであれば問題ですが、現時点ですでに侵害行為が停止しているのであれば問題ございません」と見解を示している。

「大阪ゲームバー1UP」の公式サイト