今年で第3弾なんですね!2016年の春に第1弾が開催され、そのキャッチーな展覧会名から、SNSでも評判を呼んだ展覧会「殿さまのマニアックなコレクション展」が今年も開催されます!

2016年の第1弾、2017年の第2弾では、江戸時代の平戸藩主が収集していたマニアックなコレクションが多数紹介されましたが、第3弾となる今回は、図書と絵画を中心に資料が選定された「図書・絵画編」。

この展覧会ではこれまで「マニアック」と「おもしろさ」をキーワードに展覧会を開催してきましたが、もちろん今回も歴代藩主やその一族たちが楽しんだユーモラスな書物や絵画が展示されることになっています。

それにしても、藩主の収集したもので”マニアックなコレクション展”と銘打った展覧会が第3弾まで続けられるというのもすごいですよね。平戸藩の歴代の殿のそのマニアックぶりが伺えます。

もちろん今回展示される資料は平戸藩で大切に収蔵されていたものであり、学術的価値の高いもの。「マニアックなコレクション」という違った視点で”楽しさ”をプラスしながら展示するという試みは、主催者のセンスが光っているのではないでしょうか。

「殿さまのマニアックなコレクション展 図書・絵画編」は、4月25日(水)~6月18日(月)の期間、長崎県平戸市の平戸オランダ商館で開催されます。

殿さまのマニアックなコレクション展 図書・絵画編

  • 会期:2018年4月25日(水)~6月18日(月)※会期中無休
  • 開館時間:8時30分~17時30分
  • 会場:平戸オランダ商館 2階多目的スペース
  • 入場料:大人300円 小中高生200円

殿さまのマニアックなコレクション展-図書・絵画編

 
関連画像