4月7日~8日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。新年度がスタートした最初の週末は、ピクサーアニメ「リメンバー・ミー」が2週連続で首位を獲得した。週末2日間で動員22万3866人、興収2億9867万円を記録。リピーターが続出しており、その勢いは衰えず、公開24日間で動員は280万人を超え、興収は間もなく35億円を突破する。

【国内映画ランキング】1~10位まではこちら

2位もドリームワークス・アニメ「ボス・ベイビー」がキープ。週末2日間で動員19万2000人、興収2億4300万円をあげた。公開19日間で累計動員は200万人、興収は25億万円を超え、この数字は過去のドリームワークス・アニメ史上日本歴代1位だった「シュレック2」(04年)の約24.4億円を超え、日本での歴代最高興収となる。

3位には新作「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」が初登場。同作は、1995年製作の大ヒット作「ジュマンジ」の続編で、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソンが主演を務めたアドベンチャーアクション。4月6日より公開され、土日2日間で動員18万人、興収2億7197万2100円をあげた。先行上映を含む累計動員は26万0053人、興収は4億2430万1400円となっている。まずは興収15億円超えが当面の目標となりそうなスタートとなった。

新作では他に「クソ野郎と美しき世界」が8位にランクイン。同作は、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演するオムニバス映画だ。6日より全国86スクリーンで2週間限定公開だが、公開3日間で8万7528人を動員している。「映画 きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険」は10位発進となった。

また、「映画ドラえもん のび太の宝島」は公開32日間(3月3日~4月3日)で44.4億円を突破し、前作「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」が記録した新シリーズ最高興収44.3億円を超え、3年連続で新シリーズ最高の興収を突破・更新。さらに、この週末2日間で動員15万7000人、興収1億9000万円をあげ、公開37日間(~4月8日)で動員428万人を突破し、1980年からスタートした「映画ドラえもん」シリーズ史上最高の動員数を突破・更新した。これまでの最高動員は89年3月公開「映画ドラえもん のび太の日本誕生」の420万人。

「リメンバー・ミー」の一場面