日産自動車は2018年4月9日、2018年の北京モーターショーショーにて「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現する最新の商品と先進技術を代表して、100%電気自動車のクロスオーバーコンセプト「ニッサン IMx KURO」と新型「日産リーフ」に加え、世界初公開となる新型電気自動車を出展すると発表した。

写真付きの記事はこちら

写真付きの記事はこちら

写真付きの記事はこちら

今回出展する新型電気自動車は、中国市場の高まるEV需要に応え、かつ新中期計画「日産M.O.V.E to 2022」と、同社の中国における合弁会社である東風汽車有限公司(DFL)の新中期計画「DFL TRIPLE ONE PLAN」の目標達成に貢献する、中国のお客さまの関心を惹きつけるモデル。
さらに、「ニッサン インテリジェント モビリティ」の重要な柱のひとつである、日産が独自開発したe-POWER技術も同ショーに出展する。
また、LCV事業の新型車第一号となるフレームSUV「テラ」を出展。まもなく中国で発売となる「テラ」は「どこにでも行ける(Go Anywhere)」を体現したモデルとなっている。

日産 リーフ 関連情報
日産 関連情報