吉本興業が沖縄・那覇市に開校したエンターテインメント総合専門学校「沖縄ラフ&ピース専門学校」の落成式と入学式が9日、行われた。落成式では、同社の大崎洋・代表取締役社長は「夢にまで見た沖縄の学校が今日やっと始まります。これもひとえにみなさまのおかげです」と感謝の気持ちを述べ、「沖縄のみなさま方と一緒に、沖縄の子どもたちが世界に羽ばたいていけるようにみんなで力を合わせてがんばりたい」と展望を語った。

【写真】「沖縄ラフ&ピース専門学校」外観

 同校は認可校としては沖縄初のエンタメ専門学校で、「あそぶように楽しく学ぶ」をテーマに沖縄から世界へ通じる人材の育成を目指す。水谷暢宏理事長は、日本のみならずアジア地域からも生徒が集まってきていることを明かし、「エンターテイメントは最高の教育の手法だと思っていますので、“沖縄から世界に通じる人間を”をテーマに、気持ちを引き締めてやっていこうと思ってまいす」と抱負を述べた。

 城間幹子・那覇市長も「ここ世界に羽ばたく人材が出てくるんだろうなと思い、期待しています」とあいさつし、「那覇市のみなさんのコミュニケーションの場をご提供くださったことを本当にありがたいと思っています」と感謝の気持ちを伝えた。

 その後に行われた入学式では、栄えある第1期生となる36名の新入生が入場。クリエイティブ学科 マンガコース講師・堀江信彦氏が「1期生にはだいたい天才が現れます」と話すと、司会を務めたガレッジセール・ゴリは「確かに、NSCの1期生はダウンタウンですもんね」と納得した表情でうなづいた。

 パフォーミングアーツ学科 パフォーマーコースの演技講師・マシ・オカ氏は、「勉強も大切ですが、もっと大事なのは学校の仲間たち。今出会った仲間たちが将来のネットワークになります」と仲間の大切さを力説。「学校という安全な場だからこそ、リスクを冒していろんなことに挑戦してほしい。失敗はありません」と、力強い言葉で生徒たちを鼓舞した。

 同校の1F・2Fは誰でも入れるオープンスペースとなっており、1Fにはワークショップなどが行われるイベントスペースやこども食堂、2Fにはマンガ3500冊のほか、CDやDVDなども豊富にそろうオープンギャラリーとなっている。
「沖縄ラフ&ピース専門学校」入学式であいさつする吉本興業・大崎洋社長