1970年に公開された吉田喜重監督映画「エロス+虐殺」のサウンドトラックが4月11日に7inchアナログで再発される。

【大きな画像をもっと見る】

「エロス+虐殺」は関東大震災直後に憲兵隊により殺害されたアナキスト・大杉栄と、共に殺された婦人解放運動家・伊藤野枝の恋愛を中心とした3時間半を超える大作。大杉を細川俊之、伊藤を岡田茉莉子が演じ、極めてスタイリッシュな映像美で日本ヌーヴェルヴァーグを代表する作品となっている。

音楽を担当したのは一柳慧で、A面にはメインテーマ2種類のほか、尺八とプリペアードピアノによる劇伴も収録。B面には松本隆、柳田ヒロ、菊池英二という、細野晴臣と小坂忠を除くエイプリルフールのメンバー3人によるサイケデリックなジャズロックが収録されている。

一柳慧「エロス+虐殺」収録曲

A1. メイン・テーマ (1)
A2. 尺八とプリペアード・ピアノ
A3. メイン・テーマ (2)
B1. ジャズ・ロック

一柳慧「エロス+虐殺」ジャケット