『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』アクション満載US版予告が全世界で解禁!

「スター・ウォーズ」シリーズ最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が6月29日(金)に全国公開する。今回、本作のUS版最新予告編が全世界で解禁された。



本作は“愛すべき悪党”ハン・ソロの知られざる過去を描いたアナザー・ストーリー。銀河一の高速船ミレニアム・ファルコンを操る伝説の運び屋ハン・ソロは相棒のウーキー族チューバッカと共に『スター・ウォーズ エピソード 4/新たなる希望』で初めて登場。お金のためならヤバイ仕事も引き受けるこのアウトローは、大人のユーモアセンスと圧倒的な自信、悪党でありながら内に秘める正義感に逆らえず仲間を救ってしまう不器用な姿には、男性だけでなく女性からも絶大な支持を集めた。 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』では、ルークやレイアと出会う前、“お金のため”“一山当てるため”にパイロットを目指したハン・ソロと、生涯の相棒チューバッカやミレニアム・ファルコンとの出会いや冒険、『スター・ウォーズ エピソード 5/帝国の逆襲』で自称実業家として登場したハン・ソロの悪友でミレニアム・ファルコンの元々の持ち主ランド・カルリジアンとのエピソードなど、これまで映画で描かれてこなかったミステリアスな過去が明かされる事になる。

解禁されたUS版予告編で「運転も、操縦も、一発 当てるために磨いてきた」と豪語する若きハン・ソロ。「“「耳にした全てが真実だ。」と意味深な発言をするのは思いの外クールな若きランド・カルリジアン。 「元気そうね。昔と変わってないわ」と、ハン・ソロの顔なじみ風に近づく謎に満ちた美女キーラ。さらに「スター・ウォーズ」といえば、R2-D2 やC-3PO、そして BB-8 と個性的で魅力的なドロイド達が常に人気を集めるが、本作で注目されるのは女性型ドロイド[L3-37(エルスリー・スリーセブン)]などが初登場。また、伝説のバディになるにはまだまだ日の浅いハン・ソロとチューバッカの2人。帝国軍のタイファイターに追われる危機的状況のミレニアム・ファルコン船内で、皮肉たっぷりに「イイ予感しかしないぜ」と強がるハン・ソロや、「操縦の経験は?」と尋ねられたチューバッカも自身が190歳であることを告白し「そりゃスゴい」とハン・ソロを感心させるなど軽妙なやりとりは相変わらず。バディとしてもまだまだ成長中の2人の可愛らしい会話にファンは悶絶する事間違いないだろう。

【詳細はこちら】

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
6月29日(金)全国公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
公式サイト:http://starwars.disney.co.jp/movie/hansolo.html