西武は開幕8連勝、オリックスは2カード連続負け越しで4連敗

 NPBは第2週が終わり、3カードを消化した。徐々に今季の勢図が明らかになりつつある。今週のパ・リーグ投打成績を見ていこう。

パ・リーグNPB第2週(4/2-4/8)】

西武(5試合5勝0敗0分、勝率1.000)
日本ハム(6試合5勝1敗0分、勝率.833)
ロッテ(6試合3勝3敗0分、勝率.500
ソフトバンク(5試合2勝3敗0分、勝率.400)
楽天(6試合1勝5敗0分、勝率.167
オリックス(6試合1勝5敗0分、勝率.167

 西武の連勝は止まらず、開幕から傷の8連勝。日本ハムは開幕3連敗から立ち直って5連勝を飾った。

【打者5傑】

安打
1近藤健介(日)11
2荻野貴司(ロ)9
3上林誠知(ソ)8
3レアード(日)8
5秋山翔吾(西)7
5山川穂高(西)7
5井上晴哉(ロ)7
5鈴木大地(ロ)7
5中村奨吾(ロ)7

本塁打
1山川穂高(西)2
1マレーロ(オ)2
1レアード(日)2
1清水優心(日)2
1本塁打15人

○打点
1吉田正尚(オ)6
1井上晴哉(ロ)6
3山川穂高(西)5
3外崎修汰(西)5
3源田壮亮(西)5

盗塁
1外崎修汰(西)2
1秋山翔吾(西)2
1小島(オ)2
1西川遥輝(日)2
1中村奨吾(ロ)2
1荻野貴司(ロ)2

打率(規定打席以上)
1上林誠知(ソ).500
1近藤健介(日).500
3山川穂高(西).467
4秋山翔吾(西).368
5レアード(日).364

○RC(Run Create)打者の総合標 安打、長打、四死球盗塁犠打犠飛を加味
1近藤健介(日)8.37
2山川穂高(西)7.74
3レアード(日)7.47
4上林誠知(ソ)5.60
5荻野貴司(ロ)4.91

 昨年規定打席未達ながら4割をマークした日本ハム近藤健介が開幕から連続試合安打を続け、今週も打率5割と圧倒的な安打製造機ぶりを見せている。連勝中の西武秋山山川が依然好調だ。

日本ハムトンキン石川が2セーブを挙げ、ダブルストッパー体制

投手5傑】

○勝利
1中田賢一(ソ)1
1モイネロ(ソ)1
1菊池雄星(西)1
1多和田真三郎(西)1
1十亀剣(西)1
1カスティーヨ(西)1
1武隈祥太(西)1
1則本昂大(楽)1
1アルバース(オ)1
1マルティネス(日)1
1村田透(日)1
1トンキン(日)1
1宮西尚生(日)1
1西村裕(日)1
1石川歩(ロ)1
1涌井秀章(ロ)1
1益田直也(ロ)1

セーブ
1サファテ(ソ)2
1増田達至(西)2
1トンキン(日)2
1石川直也(日)2
5シェッパーズ(ロ)1

ホール
1宮西尚生(日)2
1シェッパーズ(ロ)2
1南昌輝(ロ)2
1ホールド15人

奪三振
1則本昂大(楽)9
2千賀滉大(ソ)8
2東浜巨(ソ)8
2アルバース(オ)8
2山岡泰輔(オ)8

防御率(規定投球回数以上)
1中田賢一(ソ)0.00
1岸孝之(楽)0.00
1マルティネス(日)0.00
1上沢直之(日)0.00
1高梨裕稔(日)0.00

○PR(Pitching Run)投手の総合標:(リーグ防御率-投手防御率)×投球回で算出
1マルティネス(日)33.36
2岸孝之(楽)29.66
3中田賢一(ソ)25.95
3上沢直之(日)25.95
5高梨裕稔(日)22.24

 リーグ防御率は3.71日本ハムマルティネスが2度先発投し、2失点ながら自責点0だった。楽天は8回を封。救援投手では日本ハムトンキン石川がそれぞれ2セーブダブルストッパーとして活躍している。(広尾 / Koh Hiroo)

日本ハム・近藤健介【写真:石川加奈子】