海外でも日本の和が高値で取引されたり、外国人日本に和当てで旅行に訪れたりと、もはや日本だけでなく世界存在感を増している和。近年は日本だけでなく海外でも取引の値段が上がっており、その際に価格を決定する重要な要素の一つがブランド

坂、近江、飛騨などのブランド市場で高値で取引されるが、ブランドの知名度が低いと、いくら品質がいい牛肉でも市場で高い値段が付かない。

知名度が低い状態から、努に努を重ね、和オリンピック日本一になった牛肉がある。鳥取県大山だ。今回、さらに認知度を高めるために、銀座大山焼肉店「焼肉 強小亭 GINZAキョウショウテイ)」を開店した。
3-10蠑キ蟆丈コュ1738

大山黒牛って?

鳥取といえば、ブランド大山も有名だが、大山ポテンシャルも負けてはいない。大山平安時代よりのご加護を願う人々が集い、江戸時代には全一のとして栄え、明治時代には日本最大のへと発展した歴史を持つ。

血統を持った種が多く存在し、全の有名な和の種も、大山出身ということもあるという。大山は、ストレスをかけないように飼育しており、飼料にもこだわって飼育しているという。
vlcsnap-2018-04-06-18h04m29s303

どんだけ牛を愛してるの!?

まず大山を知るために、紹介動画を見て驚いた!大山を育てる畜産西田さんは、動画内で「の夢は3日間だけになること」とコメントしている。いやいやいや!いくらが好きだからってそこまでにならないでしょ!?

意を西田さんにお会いして聞いたところ「私はは大好きですが、は人間のために牛肉になります。命を頂いている以上、美味しく食べて頂きたいんです」とってくれた。

ブランド化するための苦労

の味は「種・飼料・環境」などの要因が重要と言われており、大山はどの要因も他のブランドにも決して負けてはいない。

しかしブランドとしての認知が今一つだったために、市場での買値は高くならないという問題点があったという。

20年以上を育てていますが、ブランドが付かないと市場で値段が付かず、生産者が報われないことがあったんですよ。自分の感情が入らないところで大山が売られるのがイヤで、大山というブランドを育ててきました。2017年牛肉オリンピックで賞も獲得し、都内に進出するパートナーも決まり、世界に進出するために銀座に店を構えました」と西田さんが今回の東京進出を熱くってくれた。

大山は約50年前の和オリンピックでも優勝したことがあります。少し前までは霜降りが好まれる傾向にあり、私たちはブームに乗り遅れてしまったところもあります。大山は霜降りと身のバランスが取れた味に仕上がっています。ぜひ情を持って育てたおを味わって頂ければ幸いです」と思いをってくれた。
P2800157

年間150食×10年間焼肉を食べまくって焼肉店を作った焼肉のプロ石田さんと食べてみた

こだわりにこだわって西田さんが育てた大山。その味をそのプロはどう評価するのだろうか?以前IRORIOでも取材したのYAKINIQUEST石田さんがシンガポールから帰中だったので、大山の魅が味わえる試食会に一緒に参加してもらった。

P2800173

今回は試食会用の特別なもの。
P2800072

霜降りが適度に入ったカメノコは大山身と脂の良さが同時に味わえる一品。焼肉というと脂っぽい食べ物でやや重いイメージがあると思う人が多いだろう。しかし、大山はくどさが感じられない。

焼肉プロ石田さんに聞いてみると「強小亭さんの大山焼肉は、焼肉特有の重さやしつこさがないので、そういった人でも楽しめる焼肉ですね。とても“きれいな牛肉”という印で、雑味がなく、すっきりとした味わいがします」とのことだった。

P2800095

石田さんが印に残ったメニューがザブトンの焼しゃぶ。「霜降りにも関わらず脂のくどさがなく、繊細な出汁の味が良く合っています。霜降りのでもしつこさがなく、意外なほどさっぱりとしていますね」とコメント

P2800133

多いときで年間150食も焼肉を食べ、今では焼肉文化を世界に広めるためにシンガポール焼肉店を経営する石田さんの口から出た「おいしい」という言葉。大山の味は、プロから見ても相当なものなのだろう。

銀座から世界へ!

西田さんは今回の大山が食べられる強小亭の銀座出店をブランド化と世界への進出するためと位置付ける。「この度Joel dinnerという良いパートナーさんに巡り合い、銀座に進出することになったことをとても嬉しく思います。生産者と屋と料理人が組んで、本当に美味しいものを出そうとこだわった焼肉を食べて頂ければうれしいです」P2800192

オリンピックで優勝し、銀座にも進出を果たした大山牛肉が好きなら一度味わってほしい。牛肉が好きな人も、そうでない人もその味に驚くはずだ。

焼肉 強小亭 GINZAキョウショウテイ)

営業時間:17:00~23:00

電話番号:03-3545-0707

定休日:月曜

公式サイトhttps://kyoshotei-ginza.com/

「3日間だけ牛になりたい」という夢を持った畜産家が育てる和牛オリンピックで日本一になった大山黒牛をヤキニクエスト石田さんと食べてみた