女優の真木よう子が9日、都内で行われた映画『焼肉ドラゴン』完成披露試写会に井上真央、大泉洋、桜庭ななみ、鄭義信監督と出席。1月中旬に所属事務所フライングボックスとの契約を終了して以来初となる公の場で「新生活を前向きに生きる秘けつ」を聞かれると、真木は「不安やいろいろことがあるかもしれないけど、悩んでもしょうがないと。笑っておけと」と応えた。

 本作は万国博覧会が催された1970年高度経済成長期の関西の地方都市を舞台に、小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む家族が、時代の波に翻弄されながらもたくましく生きる姿を描く物語。映画『月はどっちに出ている』『血と骨』などの脚本家としても知られる鄭が、作・演出を手掛けた同名舞台を自らメガホンを取り映画化する。

 大きな声援の中、ゆったりとした白いシャツで登場した真木は「みなさまに観ていただけることをすごく嬉しく思っています」とあいさつ。劇中では三姉妹の長女・静花を演じ、「笑い、助け合いながら、これが言ってしまえば理想の家族の形かと思うくらいの、最後は心が温かくなる映画だと思います。わたしも心が希望に満ち溢れて温かい気持ちになった映画なので、ぜひみなさんも同じように感じていただけたらと思います」と笑顔を見せた。

 撮影にあたって、キャスト一同、関西弁に苦労したそうで、特に「万博」の微妙なイントネーションに苦労したという真木は「20テイクくらいしました。最後は(言い過ぎて)よくわからないくらいでした」と思い出し笑い。

 4月にちなんで「新生活に向けて明日を前向きに生きる秘けつ」をフリップに書くコーナーでは、「笑う事」と発表した真木。その意図を「不安やいろいろな事があるかもしれないけど、悩んでもしょうがないと。笑っておけと」と語ると、大泉から「そんなに笑う事あります?」と突っ込みが。すかさず真木は「無理やり。笑った方がなんか『ま、いっか』ってなりません?」とポジティブに返していた。

 退場際には報道陣から「独立おめでとうございます」との声掛けがあったが、これには反応することなく客席におじきをして舞台を後にした。(取材・文:中村好伸)

映画『焼肉ドラゴン』は6月22日より全国公開

映画『焼肉ドラゴン』完成披露試写会に登壇した真木よう子