アメリカのクラウドファンディング「Kickstarter」で総額1億円規模の出資額を集めたSFアニメ「UNDER THE DOG」が、劇場アニメ「UNDER THE DOG Jumbled」として6月23日から東京・新宿バルト9ほかで、2週間限定公開されることが決定した。「Jumbled」ではアニメ本編の「UNDER THE DOG Episode0」に加えて、実写作品の「Overture to UNDER THE DOG」、テーマソング「少女たちのメロディ」が上映され、ショートムービー「アンシアちゃん」も同時上映を行う。

「UNDER THE DOG」は、「428 ~封鎖された渋谷で~」のゲームクリエイター・イシイジロウが原作、監督を「赤髪の白雪姫」の安藤真裕、キャラクターデザインを「GODZILLA 怪獣惑星」のコザキユースケが務めるSFアクション。国連管轄の特殊部隊に所属する冬月ハナが、任務遂行のために江ノ島にある公立高校に転入したことを機に、謎の中年男性や在日米軍、さらに冷徹な軍人アンシアが現れ、ハナの周辺が戦場の様相を呈していく。

「Overture to UNDER THE DOG」は、「けいおん!」シリーズの音楽を手がけた磯山敦監督による実写映像。アニメ本編では冷徹な一面が強く描かれているアンシアの心情を、実銃を使った海外ロケの映像とアンシアのモノローグで描く。「少女たちのメロディ」は、磯山がプロデュースする楽曲で、作詞を「キラキラ☆プリキュアアラモード」の大森祥子、作曲を「NEW GAME!」の奥井康介が担当し、アンシアを演じる瀬戸麻沙美が歌唱する。

(C)2014 Jiro Ishii (C)2014 Yusuke Kozaki (C)2015 Under the Dog, LLC