1月に所属事務所から独立した女優真木よう子が9日、映画焼肉ドラゴン』の完成披露試写会に出席。久々の表舞台で、明日を前向きに生きる秘を問われて「笑うこと」だと明かした。

【写真】映画『焼肉ドラゴン』完成披露試写会イベントフォトギャラリー

 本作は、数々の演劇賞を受賞した同名戯曲を原作とする大衆劇。高度経済成長に浮かれる時代の片隅で生きる在日韓国人焼肉一家と、その周囲の人々の生き様を活写する。本イベントには木、井上央、桜庭ななみ大泉洋、鄭義信監督の5名が出席した。

 美人三姉妹の長女・静を演じた木は「どんな遇であっても、ぶつかったり本音を言い合ったりして、でも笑い合って、助け合いながら…。言ってしまえば、これが理想の家族なんじゃないかな」と同家族の魅について解説。「最後はスゴく心の中が希望で満ち溢れて、温かい気持ちになる映画」とアピールした。

 三女・美役の桜庭韓国語セリフの発音に苦労したと話すと、木は「万博」の関西弁イントネーションに苦戦し「20テイクくらい重ねた」と告白。すると大飲みの哲男を演じた大泉が「(木は)方便導の方に怒られると大体キレてる。大体モメてた」と話して、木たちを笑わせた。

 感情表現のしい次女・を熱演した井上は、クランクイン初日に撮った大泉自転車に乗るシーン回想監督から台本にない関西弁の罵セリフを追加され、余裕のない状態だったが「大泉さんの自転車の運転がとにかく下手で、お尻ガンガン打って…自然と怒りが湧いてきた。(怒るシーン自然と怒れて)感謝しています」と述懐し、会場の爆笑と拍手を誘った。

 イベントでは、新生活を迎える人が多い4月にちなんで、明日を前向きに生きる秘を各キャスト告白木は「笑うこと」と答え、「色んなことがあるかもしれないけど、考えてもしょうがないから笑っとけ、と。結構笑ったら『ま、いっか!』ってなりませんか?」とって笑顔を見せた。

 一方、大泉は「今日一日をボヤいて寝る」と回答。「あのね、(木ら)君たちのようなキレイごとで大人は元気が出ませんよ。結局はね、ボヤいた方がいいんですよ!」と話すと、井上から「(現場で)常にボヤいてた」とツッコまれ、大泉は大きな笑いを上げていた。

 映画焼肉ドラゴン』は、6月22日より全開。

(左から)大泉洋、真木よう子、井上真央 クランクイン!