楽天は9日、子会社の楽天モバイルネットワークが申請していた1.7GHz帯の周波数の割り当てに関して、総務省から正式に認定されたと発表した。これにより、第4のキャリアが誕生することが決まった。2019年10月からのサービスを開始する予定。

既報のとおり、総務省資料によると、目標ユーザー数は2028年度に約1000万契約、損益上は2023年度以降、継続的な黒字を想定。料金プランは現在MVNOで提供中の料金プランで提供予定であり、大容量プランや法人専用プラン等も検討していくようだ。

基地局については原則、自社で新設することを計画しており、既存事業者や電力会社の鉄塔等の設備利用も行なう。

なお、今回の認定において、広範なサービス普及への努力、通信障害の発生防止をはじめとした信頼性のあるサービスの提供など、NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI/沖縄セルラーに求められた6つの条件に加えて、楽天グループには、他社にはない4つの注文が付いている。その条件として、自らネットワークを構築していく原則に留意することや、基地局の設置場所の確保、技術要員の確保が求められた。これらを総括するように、最後に必要資金の確保や財務の健全性について、念押しされたように映る。

第4のキャリアがサービスを開始するのはまだ先だが、料金プランの内容次第では、モバイル業界を大きく動かすことになりそうだ。
(大澤昌弘)

画像提供:マイナビニュース