内館牧子の同名小説を、舘ひろし黒木瞳をW演に迎えて映画化した『終わった人』(6月9日開)で、サラリーマンOL限定試写会が、4月9日スペースFS留で開催。舘ひろし黒木瞳中田秀夫監督が、舞台挨拶に登壇した。参加者とのQ&Aで「働き方革」について尋ねられたは「石原プロは治外法権みたいなところです」とおちゃめに答え、笑いをとった。

【写真を見る】黒木瞳が、可憐なブルーのワンピースで登壇

定年後のサラリーマン役を演じたは「このお仕事、受けようかどうしようか迷いましたが、中田監督とご一緒できるということで、勇気をもって受けさせていただきました」と苦笑いした。

黒木は『終わった人』というタイトルについて「ギャグだなと思いました」と笑顔を見せ「中田監督とは3作さんとも4回の共演となります」とうれしそうにコメント黒木について「かぎりなく夫婦に近い友人です」と深い信頼関係を口にした

世間を騒がせているタレント事務所とのトラブルについて、は「うちは契約とかじゃなくて、なんとなく雰囲気でいるって感じ。契約書とかないんです。働き方革がわからないような会社なので。うちのことは放おっておいていただきたい」とコメントし、笑いをとった。

また、50代のOLからエールめられたは「30代にしか見えませんけど」とリップトーク黒木は「さんはいまみたいに、女性の心を美しくする天才だと思っております。こういう男性と一緒にいると幸せになれるかもしれません」と笑顔った。

『終わった人』は、定年を迎えたエリートサラリーマン田代壮介(舘ひろし)に人生の転機が訪れ、いろんな紆余曲折を経ていくという人間ドラマ黒木は、美容師の妻・千を演じ、『リング』(98)の中田秀夫監督メガホンをとった。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

『終わった人』のイベントに登壇した舘ひろし