人と過ごす記念日やイベントは、素敵な1日にしたいもの。でも、とりあえず「記念日やイベントだから○○する」というスタンスに甘んじていると、れ合いやマンネリが強くなり、最高の日にはできないかも!?そこで今回は、記念日やイベントに臨む、心構えについてまとめました。


特別な日が特別じゃなくなる!?

誕生日クリスマスバレンタイン。そして、ふたりだけの記念日。どれも欠かせないイベントですよね。毎年楽しみにして、いろいろと準備をしている方も多いことでしょう。
でも、「クリスマスだからプレゼントする」「誕生日だから祝ってもらって当然」「記念日だからなにかしてくれるはず」。
こんなふうに受け身になっていたり、流れに任せきった姿勢でいたりすると、義務感や惰性で過ごす日になってしまい、せっかくの記念日やイベントが、特別な日ではなくなってしまうかもしれません。


ふたりで一緒に過ごしたい、その根底は「好き」の気持ち

世の中では、多くのカップルが、クリスマス誕生日、記念日を一緒に過ごしています。でも、特別な日に彼氏と一緒にいたい、本来のその理由は、「みんながそうしているから」ではなく、「好きだから」のはずです。
自分にとって特別で大切な人だからこそ、特別な日を一緒に過ごしたい。
カップルで過ごすのが当たり前」という潮に流されて、一番大切な気持ちを忘れていませんか?


イベントで「好き」を更新

付き合いはじめたときに感じていた「好き」という気持ちと、片思いをしていた頃の「好き」、いまの「好き」って、まったく同じ気持ちではないですよね。ずっと同じ気持ちでいられるなら、それもそれで素敵なことですが、長く一緒にいる間に、新たな「好き」が生まれるからこそ、お互いに好きでい続けることができて、関係も続いているのだと思います。
付き合って○年という節や、イベントの日こそ、めて彼への気持ちをアップデートできるタイミング今日まで、彼にしてもらったことを思い返したり、感謝すべきことを振り返ったりしてみましょう。
そうすることで、特別な日をもっと味わい深いものにできますし、もっと大切にしよう!一緒にいてよかった!という気持ちを大きく、そして強くできるはず。
もしプレゼントを贈るのなら、彼の喜ぶ顔を想像し、選ぶ時間も楽しんでみましょう。大好きな人の笑顔は、あなた自身も幸せな気持ちにしてくれます。あなたが彼を笑顔にさせて、彼の笑顔でまたあなたが笑顔になる。こんなループができれば、きっと幸せですよね。


これからのふたりをイメージする

特別な日を迎えたら、来年も一緒に、今日のような日を迎えたいと思うもの。相手のためになにかを用意したり、贈り物を受け取ったり、楽しい時間を過ごすことも、ふたりのを強くするためにあるものです。
「これからずっと、仲良く幸せなふたりでいるんだ!」というイメージを強めて、今後のいい関係に貢献してみませんか?ただ単に楽しい日、プレゼントをあげる日にしてしまうのではなく、お互いの気持ちを確かめ合い、これからを小さく誓い合う日にしてみましょう。


おわりに

あなたの心がけ次第で、特別な日をもっともっと、特別で幸せな日にできます。せっかくの機会ですので、この日を利用して、ふたりのをより強いものにしていきましょう!(織留有沙/ライター
(ハウコレ編集部)

彼と過ごす大切な日。イベントごとは「もっと愛情を深める」チャンスです!