(C)まいじつ

内歴代アルバムセールス1位の記録を持つシンガーソングライター宇多田ヒカルが、8歳年下のイタリア男性離婚したと報じられた。

【関連】 宇多田ヒカルがプロデュース業に乗り出す理由 ほか

多田期限活動休止中の2014年2月に再婚を発表。翌2015年7月に第1子の長男出産した。前夫である映画監督の紀里和明氏とは4年半の結婚生活を経て離婚しており、今回の離婚は2回だ。

イタリア人の夫は、多田期限休止中に滞在していたロンドンホテルバーテンダーを務めていた男性です。ふたりの共通の知人はスポーツ新聞の取材に対して『数カ前に別れている』と言していました」(芸ライター

多田2016年NHK連続テレビ小説『ととちゃん』の題歌『束を君に』を発表し、音楽活動を本格的に再開させていた。同9月に8年ぶりのアルバムFantome』を発表して好セールスを記録している。今年は、4月17日スタートの連続ドラマ花のち晴れNext Season~』(TBS系)のイメージソングを歌うことも決まるなど、音楽活動は順調だ。

 

宇多田ヒカル「2度目の離婚」の裏側

離婚の原因は夫の行動にあり?

SNSでは《多田の大当てに結婚したの》、《ババアかわいそう》、《これでもう多田結婚が嫌になったんじゃ》、《皮なことに、多田の歌にはこうした悲しみがプラスに作用するんだよな》などといった投稿がされている。

離婚の原因は、イタリア人の夫が『妻が日本では有名なアーティストで大を稼ぐ』と知った間から、仕事を熱心にしなくなり、多田銭面で“おんぶに抱っこ”になったことです。夫は連日飲みまくり、賭け事に使うも大になってきて、多田があきれて見下り半を突き付けたと聞いています。さらに、夫は何人も女を作っては泊まり歩いていたこともあったとか…」(音楽関係者)

多田は当分のあいだ、男性との出会いには惹かれないようで、「将来的には、仲がいい女性たちと暮らしたい」と将来像を描いているという。

多田は意外にも庭的で、料理も掃除もこまめにこなしていたそうなんですがね…」(同・関係者)

音楽に関してはずば抜けた才の持ちだが、男を見るがなさ過ぎたようだ。