最大級の賛辞? 米メディアの形容詞が「Earth(地球)」から「Planet(惑星)」へ

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、アスレチックス戦で本拠地初先発し、毎回の12三振をすべて空振りで奪い、7回1安打無失点で2勝目。7回先頭まで完全投球という衝撃の内容で本拠地初白星となった。3戦連発を放った「打者・大谷」に続く躍動に対し、米メディアは「この惑星の生まれた存在ではないことが明確になった」「異なる惑星で新しいリーグに参戦しない限り、壁は立ちはだかるチャンスすらない」など、らしい表現で“異星人ぶり”に驚嘆している。

 大谷を評する言葉が、これまでの「Earth(地球)」から「Planet(惑星)」に変わりつつある。

「ショーヘイ・オオタニはこの惑星から生まれた存在ではないことが明確となった」とインパクトのある見出しで特集したのは、米スポーツメディア「デッドスピン」だった。

 大谷はこの日、7回1死から安打を打たれるまで完全ペース。毎回の12三振を、それもすべて空振りで奪い、7回1安打無失点という完璧な内容で今季2勝目を挙げた。打者として3戦連発を放ち、投手として登板したマウンドで快投。マンガを超えるストーリーだろう。

「たとえ、あなたが全くスポーツ好きでなかったとしても、ショーヘイ・オオタニを見るだけで、その意見はガラッと変わるだろう」

 記事では、大谷が米国のスポーツファン以外も魅了できる逸材と評している。さらに、こうもつづっている。

思考が追いつかない“異星人ぶり”の活躍「現実とは思えない。まさに異常だ!」

「彼が現在、やってのけていることは、本当に現実とは思えない。まさに異常だ! 私の脳でさえ、この躍進への理解に追いつけていない。急ピッチで、ショーヘイ・オオタニの時代がやってくることに対し、こちら側がむしろ準備できていない」

 メジャーに現れた“異星人”のような活躍ぶりに思考がついていけないようだ。

 さらに米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」も「彼のメジャーリーグでのキャリアは10試合目となったが、いまだ壁にぶつかってはいない。彼が異なる惑星で新しいリーグに参戦しない限り、その壁は彼の前に立ちはだかるチャンスすらないかもしれない」と記し、こちらも地球を飛び越えた表現で称賛している。

 いずれも、いかにもアメリカらしい形容だが、そう評したくなるほど23歳の才能が輝いているのだろう。

 ただ、日本のファンにとってみれば、二刀流という前代未聞のスタイルでプロの世界に飛び込み、日本最速165キロ、シーズン2桁勝利&2桁本塁打、「4番・投手」でスタメンなど、次々と成し遂げてきた大谷を見て、常識を覆された。メジャーのファンも今、まさに同じような感覚を味わっているのではないか。

 日本から舞台を移し、想像を遥かに超える活躍を演じる大谷。メジャーでどれだけ常識を覆してくれるのだろうか。(THE ANSWER編集部)

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】