1993年6月11日に全米公開された映画『ジュラシック・パーク』の公開25周年記念イベントが、来月アメリカのユニバーサル・スタジオ・ハリウッドで開かれるとパークの公式サイトが発表した。

 現地時間5月11、12日に開催予定のイベントでは、高解像度の映像を提供する「4Kツインレーザープロジェクター」での 『ジュラシック・パーク』IMAX(R) シアター上映が行われる。最新鋭のリクライニングシートと「ドルビーアトモス」の多次元サウンドによる特別な空間で本編を楽しむことができ、当時の予告編も本編と一緒に上映される予定だ。

 その他にも、パーク内の「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」に隣接する特別エリアでは、映画に関連する衣装や小物などの展示、さらに特設ステージでのライブパフォーマンスなども予定されているという。来場者には、記念ストラップの配布や映画に関連するキャラクターのコスプレなども許可されており、ファンには特別なイベントとなりそうだ。

 『ジュラシック・パーク』は、巨匠スティーヴン・スピルバーグが当時の最新VFXを駆使して恐竜たちを現代によみがえらせた、アドベンチャー超大作。今年の夏にはJ・A・バヨナがメガホンをとり、スピルバーグ自身も製作総指揮として参加する『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(7月13日全国公開)が控えており、シリーズ25年の節目を盛り上げる。(編集部:倉本拓弥)

第1作『ジュラシック・パーク』ポスター - Universal Pictures / Photofest / ゲッティイメージズ