ボーカロイドプロデューサーcosMo@暴走Pさんの名曲初音ミクの消失」のリメイク版がアップされた。

【「初音ミクの消失」10周年リメイク ボカロ終焉を歌った名曲の画像・動画をすべて見る】

これは、「初音ミクの消失」の初投稿から10年を記念して制作された楽曲。YouTubeコメント欄では、当時を懐かしむユーザー世界から集まっている。

最高速の別れの歌初音ミクの消失」とは?

初音ミクの消失」は、2008年4月8日ニコニコ動画にて投稿されたボーカロイド楽曲(ショートVer.は2007年11月開)。現在ニコニコ動画での再生数は770万回を越えている。

高速のBPMに、聞き取ることすら難しい口の歌詞を乗せるという手法は、まさにボーカロイドがなければ生まれなかった名曲だ。





ボーカロイド文化の初期から、その文化の終焉を憂う「初音ミクの消失」というテーマ制作された楽曲であることも、いまなお高く評価される一因となっている。

人間には正確に歌うことが非常に困難な楽曲だが、だからこそ再現に挑戦したくなる人も多く、数多くの「歌ってみた動画投稿されていた。

今回リメイクされた10周年記念版は、さらに機械的なエフェクト音が多数取り入れられたほか、イラストcosMo@暴走Pさんが自ら描き下ろし。

ボーカロイドの普及に大きく貢献した歴史名曲なので、知らなかった人もこれを機に聴いてみよう。
cosMo@暴走P「初音ミクの消失(THE END OF HATSUNE MIKU)」