都内の公園トイレには、和式と洋式がそれぞれどれくらいあるのか、それが分かれば、お腹の弱さに悩む人(記者自身含む)の一助になれるのでは――。

そんな思いで、Jタウンネット編集部は、都内の洋式トイレ事情を調べてみることにした。

オリンピックが近づいて...

2018年3月、都内の昼下がり。記者は、洋式トイレを求めさまよっていた。

「公園のトイレ、和式ばかりじゃん!」

前日夜に暴飲暴食をしたので、少しでも動こうと思って、京王線沿いを歩いていた記者。食べ過ぎからか、数十分ごとに便意が襲う。しかし、コンビニやスーパーへ行っても、トイレが混んでいたり、そもそも貸し出していない店舗ばかりだ。

やっとの思いで公園を見つけたが、そこは和式のみ。気楽さから「小でも洋式派」の記者は苦しみながら、再びさまようことに。やっとの思いで、「誰でもトイレ」のある公園を見つけて、無事用を済ませることができた。

今回、記者が散歩していたのは、東京都渋谷区とその周辺。そこで、まず渋谷区立緑と水・公園課に、区立公園のトイレ事情について聞いてみた。

すると、渋谷区立公園のトイレ棟は68あると教えてくれた。このうち、洋式、和式の個室合計数は公園トイレで30。和式しかないのは、公園トイレ棟で15だという。

「洋式が好まれていることや、オリンピックで訪日外国人の増加を見込み、洋式化に向けて動き出そうとしています」

また、洋式を好む人は日本人の間でも増えつつあり、その背景には膝への負担の少なさといった使い勝手の良さが好まれているからではないか、と見解を示した。

今後の工事では、「条例であえて和式を残したり作ったりすることがない限り、和式は減らし、洋式を増やす」と話した。

都立公園はどうなのか

区立公園の話は聞いたが、都立公園の現状はどうなのか。都立公園を運営する東京都建設局公園緑地部公園建設課にも聞いてみた。

2016年末時点で、都立公園内に設置されているトイレ棟は539。このうち、和式洋式合わせた個室数は2911で、内訳では洋式1619、和式1292と、洋式が55.6%を占める。和式個室のみなのは26公園39棟にのぼる。

今後の和式化についてはオリンピックを迎え、訪日外国人の増加が見込まれることから洋式化を進めていくとしているが、和式がひとつもないトイレ棟にはしない予定だという。

その理由について、「『和式ゼロにすると困る』といった要望があったからだ」と説明する。体質、力みにくいなど身体的な理由で洋式では出来ないからだ、という理由からだとのこと。

今後新設される、複数の個室があるトイレ棟では、最低でも1つは和式トイレを作る予定だという。

和式トイレの洋式化の予定は...(Yuya Tamaiさん撮影、Flickrより)