なんとも思っていなかった。そばにいる友達の一人としてしか見ていなかった。女子だと意識もしてなかった。でも急に「あれ、この子いいかも……!」と思い始めた。
こんなことってあるんです。
「彼をあきらめなくてよかった」と思える一瞬ですね。

男性がそばにいる女友達を恋愛対象として見るタイミング。それはどんなときなのでしょう。また、どんな瞬間に切り替わったのかについても探ってみたいと思います。

自分が彼女と別れたとき

彼女と別れて寂しさを感じたとき、そばにいる女性をあらためて見直すことがあります。意識していなかったけれど、フリーになった瞬間「この子もフリーだっけ?」と考え始めます。近くの人から順番に意識しはじめるのは当然です。

あなたが彼と別れたとき

彼のいる女子は、どうでもいいので相当の美女でもない限り意識しません。でも「彼氏と別れた」と聞いた。よその男のものではなくなったので気安く話せるようになった。彼がいたということはそれなりの女子。そんな女子が手の届く位置に来ると意識しはじめるようです。

「かわいい」と誰かがほめていたとき

これはかなり強力なパワーを発揮します。自分で思うより他人の評価のほうが真実味がある。他人がいいといったものが魅力的に見える。これは第三者から間接的に情報が伝わることで、信ぴょう性や信頼性が増す“ウィンザー効果”です。かわいいと誰かがほめていたら、かわいく見えてくるのです。

彼の趣味に急に興味を示したとき

今までそれほどでもなかったのに、趣味について質問された。「私も始めたい」と言われた。「『楽しい趣味だって気づいたんだな』って思うし、自分が勧めたおかげかと思う」そうです。彼の趣味を肯定することは彼自身を肯定するのと一緒です。

性格のよさに気づいたとき

まず、そばにいる女子ということは“気の合う女友達”です。
「ルックスにとくに惹かれてはいない。でも性格がいいので友達」というパターンがほとんどです。それがもっともっと楽しく気が利く女子だったら……最強ですよね。
だからもっともっと誰よりも話していて楽しい、下手すると彼女より楽しい。
趣味や価値観を理解してくれている。ますます性格がいいとわかると「あれ?いいかも」と思います。

イメチェンはどうなの?

よく「イメージチェンジをする」という方法が紹介されますが、ちょっとやそっとのイメチェンで恋になるなら苦労はないと思います。それなら最初から彼の射程距離内に入っているはず。つまり髪を切るくらいのイメチェンで「あれ、いいかも」と思われた……というのは、もともとルックスがまあまあ好みであった、ということ。そういうパターンばかりではないので性格や楽しさを磨くのです。

これらの瞬間は、偶然のスイッチ。過剰なアピールより、スイッチの入る瞬間を待って近くにいるのがべスト。好き好きアピールで恋愛対象になろうとするのは危険。何のスイッチも入ってないなら「うっとうしい女だな」で終わります。

「あきらめないでよかった」とは、「アプローチ頑張っていてよかった」ではありません。
むしろアプローチしなかったからそうなったのです。彼自身が「あれ、なんかいいじゃん」
と自分で気づいた、というのが大事なのです。

そのスイッチ、本当の偶然でなくてもいいのです。たとえば「彼氏と別れるかもしれない」みたいなふりでもいいのです。頑張ってくださいね。(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)

iStock-636572010のコピー (1)