みおです。『物語』と一言で言っても全てがフィクションというわけではありません。 日常の中にもたくさんの物語は潜んでいます。 

 日常の一コマ物語として楽しく読める『エッセイ』。人様の生活を“覗き見“しているみたいで私はエッセイが大好き。その中でもコミックエッセイはとっつきやすいので普段本を読まない方たちにも染みがあるのではないでしょうか。

 私はエッセイを読むとその作者の方がもれなく大好きになってしまいます。エッセイから知った作者の方のことはたいてい大好き。嫌いになれない。だって色んな思い出を共有している(つもりになる)んだもの。

 そんなわけで今回は、4月より1分アニメ中京テレビ「ニャンだ?フルチャンネル」内でスタートコミックエッセイ『黒猫モンロヲ』をレビューします♪ 

 あらすじは以下を参照してください。(幻冬舎HPより引用

-----
 と暮らすってどんなかな……? 里親募集を見てはあれやこれやと悩んでだけど、「見るだけだから」とお見合いに出かけたヨッピー。そこで、膝にちょこんと乗ってきた小さな黒猫が「モンロヲ」だった。これは運命!? にきた最初の晩から隣でスンスン眠るモンロヲは、すぐに大切な家族になった。

 いつだって、キミが隣にいてくれなくちゃ、イヤなのだ!

〇モンロヲは、お行儀よく、顔でトイレをする。
〇モンロヲは、ヨッピーが仕事パソコンに向かっていると、キーボードの上で邪魔をする。
〇モンロヲは、眠りこけて、時々落ちる。
〇モンロヲは、シャワーのを出すと、一心不乱にペロペロする。
〇モンロヲは、いつも顔。
〇モンロヲは、ごはんをハムハムする。
〇モンロヲは、テレビに出て来る動物が好き。
〇モンロヲは、の中をパトロールして、たまに出する。

 黒猫モンロヲと人間ヨッピーの”フツーで特別な日々”をった、コミックエッセイ。
-----

 私自身はを飼ったことがなく、作品冒頭で作者のヨッピーさんがされていた“と同じくらいの大きさのヒョウぬいぐるみとの暮らしをシミュレーションする”と似たようなことをする部分で止まっているので(私は普通ぬいぐるみでした。にゃーちゃんという名前のちゃんを、めちゃめちゃ可がっていた期間がありました。今思うと)、との生活は妄想の中でだけ繰り広げられているのですが……。作中では飼いさんの視点を覗き見させてもらえます。 飼い始める前の出来事から読んでいるからもう他人事ではないというか。ヨッピーさんと一緒にドキドキしながらモンロヲをお迎えしに行って、モンロヲと出って運命を感じていました。

 里親募集のお知らせチェックお見合いからのお迎えの流れの飼い猫ちゃんや飼い犬ちゃんたちの出会いって色んな物語があると思うのですが、その子たちとの出会いが『あ、運命だ』って思えるのってとても素敵ですよね。 かけがえのない家族との対面の際にそう思えるって(もちろん後々にそう思えることも)とっても素敵だし、羨ましいなぁって思います。ヨッピーさんのモンロヲへの情、一緒に生活することで感じる幸福感が1コマコマに溢れて伝わってきます。
 
 私が特に気に入っているエピソードは、『わざと1~3』のエピソードぬいぐるみでは味わえないんですよ!! この、かってる人あるあるであろうよく聞く『作業がちゃんに邪魔されて進まない』やつーーーーー!!! でも可愛いから結局飼いさんがされるがままになっちゃって困ってるけどまんざらでもないやつ! 私もこれ体験したい!

 との生活あるあるに加え、作中にはモンロヲ・ヨッピーさんをとりまくキャラクターたちのちょっと不思議な世界観のお話しも収録されています。

 イラストレーターヨシヤスさんの描かれる可愛いキャラクターでゆる~く展開していてどのページを開いても可愛い。特にお気に入りなのはチワワの『チクワ』ちゃん。ちくわを両手に持ちたいチクワちゃんが最終的に発明した方法が可すぎます。

 同士の可らしいやり取りや、ヨッピーさんの周りにいる個性の強すぎるキャラクターが織りなすモンロヲのいる生活。のぞき見してみると、自分も彼らと仲良くなっていく気分が味わえます。

 4月から始まるアニメでは、ずんぐり役を一般からオーディションをして決まった天野さんが演じられるとか。そんなオーディションがあったとは……。私もこの世界の住人になりたかったなぁ。役のモンロヲ役は大人声優新田恵海さん。動くモンロヲたちの生活もぜひのぞき見したいものです。
(文=みお

黒猫モンロヲ/ヨシヤス