2018年3月3日(土)より全国東宝系で公開中のシリーズ38作目『映画ドラえもん のび太の宝島』が、公開37日間で動員数428万人を突破し、映画ドラえもん史上最高動員数を記録。これにより、『のび太の宝島』が1980年から始まった映画ドラえもんシーズ史上No.1ヒット作となった。

■『映画ドラえもん のび太の宝島』
動員 : 4,281,945人
興収 : 4,878,515,400円
※2018年3月3日(土)~4月8日(日) 37日間成績(東宝調べ)

<これまでの「映画ドラえもん」最高動員記録>
『映画ドラえもん のび太の日本誕生』(1989年3月11日公開)
動員 : 420万人
(配収 : 20.2億円 ※1980~1999年は配収発表)

1980年公開『のび太の恐竜』以来、春休みNo.1のファミリー映画として金字塔を打ち立て続けている映画ドラえもんシリーズ。シリーズ38作目となる『映画ドラえもん のび太の宝島』は、監督に今井一暁氏、脚本に川村元気氏、ゲスト声優に大泉洋・長澤まさみ・高橋茂雄(サバンナ)、さらに主題歌・挿入歌を星野源が書き下ろした、まさに"ドラえもん愛"に溢れた超豪華布陣による、夢とロマン溢れる大海原を舞台に謎の島に隠された宝を巡って大冒険を繰り広げる物語。

子どもだけでなく大人も「感動できる」「泣ける」と評判の本作は、ファミリーはもちろん、大人だけで観に来るドラえもんファンも多く劇場に詰めかけており、現在、44.3億を記録した昨年の『のび太の南極カチコチ大冒険』対比約120.8%で推移しており、今後、興行収入50億突破に向けてさらなる動員が期待される。

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018

画像提供:マイナビニュース