映画OVER DRIVE』(6月1日開)の題歌を熊本県出身の人気ロックバンドWANIMAが担当することが明らかになり、今回開された予告編映像で、本作のために書き下ろされた最新曲「Drive」がお披露となった。

 アクセル全開で駆け抜ける過酷な自動車競技・ラリーを舞台に、若者たちの熱いを描く本作。チーフメカニック檜山篤洋を東出昌大天才ドライバー檜山直純を新田真剣が演じるほか、森川北村町田啓太要潤吉田太郎らが出演する。メガホンを取ったのは、映画』『暗殺教室』などの羽住英一郎監督

スタービジュアル開! - (C) 映画OVER DRIVE製作委員会

 映像では、レースで勝つために衝突し合う兄弟が映し出され、・篤洋は、「あいつが何考えてるかなんて、わかかりませんよ!」と叫んだ直後に、・直純が悪レース中に木に衝突。レースを諦めようと諭す篤洋に対し、「こんなところで終わるわけにはいかねえんだよ!」と直純はえ、ほかのチームに追い抜かされて絶望的な状況の中、WANIMAによる題歌「Drive」が流れ始める。

 映像の最後には、夕日バック辺を走るに「陽はまた昇り胸を焦がした」という歌詞が重なり、熱い握手を交わすシーンが。WANIMAにとって初めての映画題歌である「Drive」は、メンバー自らが映画を観て書き下ろされたオリジナルの最新曲となる。過去への後悔や、未来への不安に思い悩む日々から抜け出して、その先へ進もうとする姿を歌にしたという。なお、「Drive」の音化は現状未定となっている。(編集部・山富美子

コメント全文>
WANIMA
完成前の本編を観させていただき、キモチもカラダも熱くなったままメンバー3人でスタジオに直行し「Drive」をつくり始めました。題歌を担当させていただき、控えめに言って非常に嬉しく思います!! これからも諦めず決めつけず全限界突破しながら音楽を通じて応援していきます!!

東出昌大
爆音で流したスピーカーから、WANIMAが飛び出してきました。ラリーのもつ疾走感、緊感、悔しさ、逆に立ち向かうたぎる情熱、全ての感情と価値を、この曲も代弁してくれたように思います。撮影のあの熱い日々を思い出しました映画とともに、劇場で鑑賞できる日を、楽しみにしております。

新田真剣
がむしゃらに夢に向かって走り続ける人、がんばっている人への最高の応援ソング。悩みやつらい過去を乗り越え、一歩前に踏み出した先には、したゴールがある。理屈じゃなく、心にストレートく曲だと思います。

■羽住英一郎監督
完成前の本編を観てもらい、試写室から出てきた時の、「これからスタジオに入って、すぐに曲を作ります!」という3人の言葉と表情が、とても強かったのが印的でした。登場人物それぞれがにぶつかりながらも自分の信じたを進んでいく、この映画の熱いテーマを、この素晴らしい題歌が観客達の心のどん中に届けてくれると信じています!

WANIMA、初の映画主題歌! - (C) 映画「OVER DRIVE」製作委員会