ダノンプレミアムが出走回避したことで、混戦模様と言われるようになった今年の皐月賞。しかし、毎年のように単勝オッズ200円を切る人気馬が出現する桜花賞と違い、元々皐月賞の人気は割れるのが通例だ。過去10年で100円台の1番人気が出現したのは1回だけとなっている。

1.スピードレースの経験が必要

 最近10年間の皐月賞馬で、前走2000m戦を使われていた馬は2頭のみ。最近は1800mのレースから距離延長で臨んだ馬が7連勝中で、昨年は1800mの毎日杯と1600mのアーリントンCから臨戦した馬がワンツーした。最近の皐月賞では1分58秒前後の決着が当たり前になっているため、スローになりやすい2000m戦をステップにする馬は、ペースのギャップに戸惑う危険性がある。

2.2000m実績は必要ない

 昨年1、2着のアルアイン、ペルシアンナイトはともに、2000m戦への出走経験がなかった。2015年1、2着のドゥラメンテ、リアルスティールも同様で、他にもイスラボニータ、ロゴタイプと、近年では2000m初出走の馬が皐月賞を制するのがむしろ普通になっている。

3.前走1着馬強し

 桜花賞は「前走人気>前走着順」という傾向が出ていたが、皐月賞は逆。前走を勝った勢いが重要になる。過去10年の皐月賞で前走1着だった馬が8勝している(2着は5回)。

 注目はステルヴィオ。距離を延長して前目の位置取りでレースを進めた前走が、小差ながら安定感充分の内容で、3歳を迎えての成長を感じさせた。これまで2回の敗戦はいずれもダノンプレミアムの2着で、その2歳王者が不在ならば断然の中心馬になる。前述したとおり、距離の未経験は割り引き材料にならない。

牡馬クラシック最初の一冠を制するのは?(撮影:下野雄規)