EXILE HIROと「ショートショートフィルムフェスティバルアジア」代表を務める俳優の別所哲也、そしてEXILE三代目J Soul Brothersの楽曲を手がけてきた作詞・小正人の3人が打ち出した、音楽、そして映像融合したコラボプロジェクト<-CINEMA FIGHTERS project->。

その第2弾となる『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』から、本編シーンがふんだんに盛り込まれた予告編とポスターヴィジュアルが到着。大切な人への想いを募らせたり、大切なものを守るために奮闘する姿など、登場人物たちの熱い想いが“6つのtears”に凝縮され、前作以上に心揺さぶるドラマティックな作品に仕上がっていることを予感させる。

今年1月26日開された第1弾『CINEMA FIGHTERS/シネマファイターズ』では、内外で高い評価を集める河瀬直美監督と若手実監督たちとのコラボを果たし、6つの既存の楽曲をテーマにした6つのショートフィルム制作された。そして今回も、気鋭の監督たちが手掛ける6つのショートフィルムで構成。

まずTAKAHIRO演を務め、夏帆が共演の『カナリア』メガホンをとるのは『トイレのピエタ』(15)で知られる松永岩田剛典が演を務め、池麻生美子が共演する『ファンキー』でメガホンをとるのは『舟を編む』(13)で日本アカデミー賞をはじめ多くの映画賞にいた石井裕也

さらに演を務める『アエイオウ』を『0.5ミリ』で注を集めた安藤桃子監督し、E-girls石井奈と山口坂東希が出演する『Kuu』をベルリン国際映画祭など世界中の映画祭を席巻した短編アニメ『663114』(11)を手がけた平林勇が監督

また「ショートショートフィルムフェスティバルアジア」の常連で4度の観客賞にYuki Saitoが青柳演に迎えて『Our Birthday』を、さらに2015年に行われた同映画祭の「ジャパン部門」で優秀賞を受賞した岸本山下二郎演に『幻の果て』を手がける。

日本映画界を牽引する実監督から、アニメショートフィルム世界で注される若手監督まで結集し、俳優が顔をえた本作。それぞれの作品の世界観のとなる、本作のために新たに作られた楽曲にも同時に注していただきたい。

『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』は6月4日()から開催される「ショートショートフィルムフェスティバルアジア」内でプレミア上映後、6月22日()から全開される。(Movie Walker・文/久保田

『ウタモノガタリ -CINEMA FIGHTERS project-』から予告編とポスタービジュアルが到着!