6つの詩から生まれた6つの新たな楽曲、その世界観を気鋭の6名の監督がショートフィルムで映像化した映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』。物語と音楽が一体となった本作の「予告編映像」と「ポスタービジュアル」がついに解禁された。


 同映画はそれぞれの作品に登場する主人公たちの思いが“6つのtears”に凝縮されており、今年20周年を迎える米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(略称:SSFF&ASIA)内でプレミア上映後、6月22日より全国公開される。

 本作はEXILE HIROとSSFF&ASIA代表を務める俳優の別所哲也、そして、作詞家・小竹正人の3人によって打ち出された、詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクト「-CINEMA FIGHTERS project-」の最新作。


 『トイレのピエタ』で第56回日本映画監督協会新人賞を受賞した松永大司監督作『カナリア』にTAKAHIRO、『舟を編む』(2013)で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞最優秀監督賞を受賞した石井裕也監督作『ファンキー』に岩田剛典が抜擢。そして『0.5ミリ』で第39回報知映画賞作品賞を受賞した安藤桃子監督作『アエイオウ』に白濱亜嵐、『663114』でベルリン国際映画祭でSpecial Mentionを受賞した平林勇監督作『Kuu』に石井杏奈、山口乃々華、坂東希が出演。


 さらにSSFF&ASIAで4度「観客賞」を受賞しているYuki Saito監督作『Our Birthday』に青柳翔、映画『こころ、おどる」でSSFF&ASIA2015「ジャパン部門」にて優秀賞を受賞した岸本司監督作『幻光の果て』に山下健二郎など、映画界を代表する俳優たちが結集している。


 6つの詩から生まれた6つの新たな楽曲は、EXILE TAKAHIRO、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBE、JAY'ED&鷲尾伶菜、DANCE EARTH PARTY、DEEPという、超豪華6組のアーティストが歌い上げる。

 今回公開された予告映像では、生き別れた大切な人への思いを募らせる主人公たちの姿や、自分の目の前に存在する大切なものを守ろうと奮闘する姿が描かれた。今を全力で生き抜こうとする登場人物たちの熱い思いが、涙のシーンに凝縮されている。ポスタービジュアルでも、それぞれの思いを秘めた登場人物たちの姿が映っており、超豪華なキャストによるドラマティックな物語を感じさせる内容となっている。


 また、本作の公開を記念して、特典付きのムビチケカードが5月5日より発売。ムビチケ購入者を対象に、抽選で本作の舞台挨拶に招待するムビチケキャンペーンも実施予定。特典とキャンペーン詳細は後日発表。


(C)2018 CINEMA FIGHTERS