SNS上などで先日、同人誌無断転載が話題となりました。ある作家が、自身の作品を無断転載しているサイトを発見し、「無断転載には1ページ2万円を請する」旨を記した同人誌付画像を根拠に、数十万円を請するとツイート。これについてSNS上では、「抑止になる」「戦ってほしい」「この程度の記述で有効なのか」などのが上がっています。こうしたケースで、付の注意書きに法的効はあるのでしょうか。芝綜合法律事務所牧野和夫弁護士に聞きました。

事前の合意」があるかどうか 

Q.同人誌無断転載には、どのような法的問題や罰則がありますか。

牧野さん「同人誌無断転載許可アップロードは、著作権のうち、衆送信権や送信可化権の侵に当たります。また、同人誌原作者の著作物の二次的著作物(二次創作物)であれば、原作者の著作権衆送信権や送信可化権)も侵することになります(著作権28条)。著作権明らかになった場合は、10年以下の懲役または1000万円以下の罰。また、損賠償請アップロードの差し止め請など民事上の救済を受けることも可です。

ただし、二次的著作物の同人作家原作者から許諾を得ていない場合には、著作権のうち複製権、翻案権、また著作者人格権のうちの同一性保持権の侵により、同人作家原作者から、損賠償請や差し止め請など民事上の救済や刑事責任められるリスクもあります」

Q.今回のケースのように、製作者の任意で書かれた注意書きに法的効はありますか。

牧野さん「例として『断駐は罰1万円』と駐車場をしていたケースで考えてみましょう。をしていても、断駐をした運転者は、断駐をした場合には罰1万円を支払う条件に合意したとは言えません。したがって、法的には、断駐をした者が1万円を支払う義務はありません。ただし、駐車場を利用したのですから合理的な使用料を支払う責任は発生します。

本件の場合も『1ページ2万円』は理ですが、著作物を利用して著作権をしていますので、著作物の合理的な使用料(印税相当額など)を請することはできるでしょう」

Q.実際に罰を支払ってもらうために、法的に有効な文言などはありますか。

牧野さん「文言は契約の申し込みとして明確に記載する必要がありますが、重要な点は、無断転載をした人から同意を得ているかどうかです。同意を得なければ法的効を持たせるのは難しいでしょう。

今回のケース事前に同意がないため、訴訟などの法的措置を取っても『1ページ2万円』の使用料を回収することは難しいと考えられます。強硬に取り立てたりすると法的根拠がないのに銭を要しているとして、逆に恐喝脅迫罪に問われる可性があるので注意が必要です。

先ほどの断駐ケースですが、断駐した人を脅し、現を脅し取ったとして駐車場管理人恐喝容疑で大阪府警逮捕された事例があります。この駐車場では『不法侵入厳禁、断駐は見つけ次第、罰1万~3万円を徴収』という看を掲げていました」(ライフスタイルチーム

奥付に書いた注意書きに法的効力は?