彼氏との付き合いも長くなってくると、たまには衝突が起こり、時にはそれが大ゲンカに発展をしてしまうことだってあるでしょう。

こんなに違う! 彼が疲れていても会ってもらえる女性・会ってもらえない女性の差

ケンカはしないのが一番ですが、彼氏と大ゲンカしたあとは「雨降って地固まる」チャンスなのかもしれません。

そのままお互いが素直になれず、二人の仲が気まずくなってしまったとしたら最悪です。

彼氏と仲直りをするためには、どのように行動すればいいのでしょうか?

大ゲンカになりそうなら冷静さを取り戻そう

普段はクールなあなただとしても、彼氏と大ゲンカにまで発展しそうなときには、頭に血がのぼっている状態です。

大ゲンカの原因がささいなことであれ、カッとなってしまったときには、思わずひどい言葉が出たり、考えてもいなかった別れを切り出してしまうようなこともあるかもしれません。

しかし、大ゲンカが原因で大好きな彼氏と破局なんてイヤですよね? 気まずくなって破局したら、復縁することだって難しいです。

大ゲンカになりそうだという予感がしたら、まずはどれだけ彼氏のことが大切なのかを、冷静に思い返してみましょう。

大ゲンカの理由を分析しよう

結果的に大ゲンカにまで発展してしまったとしたら、そのあとはどうしたら良いのでしょうか?

まずは一人になって、頭を十分に冷やしましょう。そして、なぜ大ゲンカになってしまったのか? 自分に悪いところはなかったのか? などを分析します。

大ゲンカをしてしまったとしたら、あなたか彼氏のどちらかが一方的に100%非があるということはありません。どちらも悪かった、つまりあなたも悪かったのです。

これに気づくことができるまで、しっかりと反省をしましょうね。

多くの男性にはこんな特徴が…

彼氏には自分から謝罪しよう

冷静に大ゲンカの原因を突き止めて、反省することができたら次は謝罪です。

「彼氏のほうも悪いのに、なぜ私が謝罪をするの!?」と思うかもしれませんが、多くの男性は謝ることが大の苦手です。

どちらのほうがより悪かったのかに関わらず、女性側が先に謝罪をしてくれると、彼氏も折れることができるので反省を促しやすくなります。

彼氏のプライドを傷つけないためにも、あなたのほうから連絡を取って「言い過ぎた、ごめんなさい」と、素直に謝ってみましょう。

きっと彼氏のほうも「俺のほうこそ悪かった、ごめんね」と言ってくれるでしょう。

大ゲンカが行き過ぎて、別れたいときには

それでも、どうしても許せなくて謝罪をしたりされたりもしたくない、もう別れたいという場合もあるかもしれません。

例えば、彼氏の浮気やDVなどが原因だったとしたら、それもやむを得ないでしょう。

そういう場合でも、大ゲンカの勢いに任せて関係を自然消滅させてしまうのはあなたにとって良くありません。

彼氏と別れたいのなら、話し合いの場を設けてきっぱりと別れを切り出しましょう。暴力を振るわれたりする危険性があるのなら、人目のある場所で昼間に話したほうがベターです。

あなたが別れたつもりでも、彼氏のほうは単なる痴話ゲンカだと思い込んで、しつこくされたら迷惑ですものね。

いかがでしたか?

本当は誰も彼氏と大ゲンカなどしたくはないもの。しかし、大ゲンカのあとの対処が間違っていなければ、ケンカをする前よりも仲が深まる可能性もありますよね。

長く付き合っている恋人同士なら、言いたいことを言い合って仲を深めていくのが当然です。

それが結果的に大ゲンカにつながったとしても、冷静に対処をすればきっと大丈夫です。

彼氏と仲直りできたら、今まで以上に二人の関係を大事にしましょうね。

(ライター/百花繚乱)