Sexy Zone の佐藤勝利が9日、都内で行われた新ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ系、14日スタート、毎週土曜夜10時~)制作発表会見に出席し、Mっぽさが好評であることを明かした。この日は、菜々緒、木村佳乃、和田正人、白石聖、鶴見辰吾、船越英一郎、西田敏行も来場した。

 本作は、菜々緒演じる冷酷非情にして敏腕の人事コンサルタントの椿眞子が、どんな会社でも起こりうる問題を大胆な方法で解決していく姿を描いたオフィスエンターテインメント。

 眞子の部下で、彼女から課される無理難題に悪戦苦闘する新入社員の斉藤博史を演じる佐藤は、「振り回される役なのでMっぽく映るんですけど、共演者の皆さまには、そのMっぽさが好評」と打ち明けると、「挙げ句の果てには、菜々緒さんから『ヒロイン』と呼ばれているので、ヒロインを背負って、斉藤博史の可愛らしさを出せるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

 その後、博史の先輩・沖津周平役の和田が発言する番になると、「先輩!」と可愛く声援。ファンの黄色い歓声を浴びて照れ笑いする佐藤。すると和田は「可愛いじゃないですか。先輩に可愛がられるタイプ」と目じりを下げると、「衣裳部屋にいると、あとからくっついてきて『一緒に写真撮りませんか』と言ってきたり、さっきも前室で座っていると、なぜか僕の隣に座って……」ときゅんきゅんエピソードを楽しそうに披露した。

 会見では「仕事を始めた頃の自分」にメッセージを送るコーナーもあり、佐藤は「同僚は大事に!!」と発表し、グループ結成当時を回顧。先輩のライブに出演させてもらい、MCを盛り上げようとするも「面白くなかったらどうしよう」と不安に陥っていた時に、他のメンバーが「4人は全員フォロワーだよ」と言ってくれたそうで、「仲間っていいな(と思った)」としみじみ。しかし、いざステージに立つと「滑り過ぎて誰もフォローできない感じになっちゃった」と笑うが、「メンバーが同僚だとしたら、Sexy Zone は会社みたいなものなので、いい会社に就職できたな」と喜びを噛みしめていた。(取材:錦怜那)

ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」は4月14日より毎週土曜夜10時~日本テレビ系にて放送(初回15分拡大)

新ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」会見に登壇した佐藤勝利