『ウマ娘 プリティーダービー』1話・2話上映会が、2018年4月7日ニコニコ生放送にて放送された。

 ここでは、本放送のコメントデータを抽出し、とくに盛り上がっていたシーンTOP3を紹介していく。

(画像は『ウマ娘 プリティーダービー』公式サイトより)

『ウマ娘 プリティーダービー』第1話盛り上がり指数TOP3

ウマ娘 プリティーダービー』第1話上映会におけるコメント数のグラフ。

コメント盛り上がり
1分間あたりのコメント数からそのシーンの盛り上がり度を編集部独自に算出した数値。

1位:レースに勝てばライブに出られる

『ウマ娘 プリティーダービー』1話・2話上映会より)
『ウマ娘 プリティーダービー』1話・2話上映会より)

 もっとも盛り上がったのは、レース後にウイニングライブが行われるシーン②09:14ごろ)

 本作の世界では、レースで上位3着入りを果たすと、競馬場に用意された専用ステージにて“ウイニングライブ”を披露することができる。

 突然ライブステージ登場に、!?」「唐突なアイドル要素」「なんだこれなどのコメントが多数投下されていた。

2位:スペシャルウィーク、都会へ

『ウマ娘 プリティーダービー』1話・2話上映会より)
『ウマ娘 プリティーダービー』1話・2話上映会より)

 2番に盛り上がったのは、スペシャルウィーク電車の中から都会の並みを見続けるシーン①00:51ごろ)

 本アニメウマ娘スペシャルウィーク田舎から都会に上してきたため、電車から見える都会の風景奮を示す。

 外を見ながら奮するスペシャルウィークに対し、かわいい」「しっぽ」「きゃわたんきゃわたん」などのコメントが送られた。

3位:同級生のハルウララ登場

『ウマ娘 プリティーダービー』1話・2話上映会より)
『ウマ娘 プリティーダービー』1話・2話上映会より)

 3番に盛り上がったのは、教室こけスペシャルウィークに対し、ハルウララが手を差し伸べるシーン③11:16ごろ)

 ウマ娘レースを見ていたせいで、入寮日から遅刻してしまったスペシャルウィーク学校初日は失敗しないようにと意気込むも教室で転倒してしまう。

 そんな彼女に手を差し伸べてくれたのは、ピンク髪の毛が特徴的なハルウララだった。

 ちんまりしたハルウララの見たに、かわいい」「天使などコメントが多数見受けられた。

『ウマ娘 プリティーダービー』第2話盛り上がり指数TOP3

ウマ娘 プリティーダービー』第1話上映会におけるコメント数のグラフ。

コメント盛り上がり
1分間あたりのコメント数からそのシーンの盛り上がり度を編集部独自に算出した数値。

※本放送では『ウマ娘 プリティーダービー』第1話と第2話が1時間かけて上映されました。上記グラフは第2話開始時を0としてまとめております。また、記事内の時間表記は上映会の時間に沿っておりますので予めご了承ください。

1位:鳥の頭部が突然スズカの顔に

『ウマ娘 プリティーダービー』1話・2話上映会より)
『ウマ娘 プリティーダービー』1話・2話上映会より)

 もっとも盛り上がったのは、の頭部がサイレンススズカの顔に変化してしまうシーン①27:41ごろ)

 2話のOP直後、幼き日のスペシャルウィーク「あの木まで競争だ」野鳥り掛けながら競争する様子が描かれる。

 この競争の後、突然「行きますよ」りだし、驚きつつもを向けると頭部がサイレンススズカに変化する……という驚愕の夢を見てしまう。

 スズカの頭部がとドッキングしたのを見て、!?」「こわっ」「ぎゃあああ」「ホラーといった悲痛な叫びが木霊していた。

2位:スペシャルウィーク、ライブで直立不動

『ウマ娘 プリティーダービー』1話・2話上映会より)
『ウマ娘 プリティーダービー』1話・2話上映会より)

 2番に盛り上がったのは、スペシャルウィークライブにて棒立ちしてしまうシーン③46:05ごろ)

 デビュー戦で見事1位いたスペシャルウィークだったが、上位3名だけが立てるウイニングライブ練習をまったくしてこなかったため、ライブ中に固まってしまう。

 ステージ上での棒立ちに対し、「直立不動」「棒立ちw」「放送事故w」などのコメントが見受けられた。

3位:ウマ娘の水着姿お披露目

『ウマ娘 プリティーダービー』1話・2話上映会より)
『ウマ娘 プリティーダービー』1話・2話上映会より)

 3番に盛り上がったのは、学校案内でプールが紹介されるシーン②31:22ごろ)

 トウカイテイオー学校を案内してもらうスペシャルウィークは、プールの案内もしてもらう。そこにはプールで泳ぐウマ娘もおり、少しだけ水着シーンが解禁されていた。

 プールの紹介ならび水着姿のウマ娘登場に、●REC」「ごくごくごく」「でかいなどのコメント弾幕となっていた。

アニメ関連記事

今期はケモミミとロリ成分が多め! ブヒれてニヤニヤできる2018年春“萌えアニメ”6選