2018年4月9日、プラグインハイブリッドのBMW i8がマイナーチェンジを受け、オープントップモデルのi8ロードスターが追加設定されました。販売開始は4月9日からスタート、デリバリー開始は2018年9月以降となっています。

詳細画像はこちら

今回のi8のマイナーチェンジでは高電圧のリチウムイオンバッテリー容量を従来モデルに比べて13Ah拡大させ、33Ahとしています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

これにより、搭載される電気モーターは、従来よりも9kW/12ps引き上げられ、定格出力105kW/143ps、最大トルク250Nmを発揮。これらが組み合わされたシステム全体出力も9kW/12ps引き上げられ、275kW/374psに向上。なお、1.5Lの3気筒ガソリンターボのアウトプットは、最高出力170kW/231ps、最大トルク320Nmです。

今回新たに追加された新型BMW i8ロードスターは、容易にオープンエアドライビングを満喫できる電動開閉式ソフトトップが採用されています。

詳細画像はこちら

新型BMW i8クーペ同様、フレームレスのシザードアが採用され、エレガントなデザインに仕立てられています。

同モデルのために新開発された電動開閉式ソフトトップは、時速50km/h以下での開閉操作にも対応。急な天候の変化への対応も可能で、約15秒で開閉操作ができます。さらに、屋根の収納スペースを工夫することで、収納エリア下に約100Lの収納スペースを確保し、鞄などの手荷物が積載できるそう。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

ステアリングは左右ともに設定され、価格はBMW i8が20,930,000円、BMW i8ロードスターが22,310,000円です。

(塚田勝弘)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【新車】BMW i8がマイナーチェンジ。システム出力をアップし、オープンモデルの「i8ロードスター」を追加(http://clicccar.com/2018/04/10/577460/)