トラウトは今季3号&適時打も守備機会は1度だけ

 8日(日本時間9日)に7回1安打失点の“全未遂”投球を披露したエンゼルス大谷翔平。7回1死から1安打1四球を許したが、積み上げた三振はなんと12を数えた。“二刀流スターが全を魅了した投球を、MLB公式サイト動画コーナー「Cut4」では各種の動画つきで紹介。大谷が面いようにアウトを重ねる様子を「まるでテレビゲームの投球」と絶賛した。

 7回1死まで打者19人を連続退。セミエンにこの日初安打を打たれ、続くラウリーに四球を与えたが、7回1安打12奪三振失点のパフォーマンスは、地元デビュー登板に十分過ぎる内容だった。記事では「今シーズンショウヘイ・オオタニがエンゼルススタジアムのフィールド上に立つと、一大事になる」とリポート。大谷の投球映像を紹介すると共に、シーズン3号ソロと右適時打で2点の援護を送ったマイク・トラウト外野手ヒーローインタビュー動画開した。
 
 チームの勝利に満面の笑みを浮かべるトラウトは、大谷の12奪三振投球について質問を受けると「外野で退屈だったよ」とニヤリ。それもそのはず。大谷が奪った21アウトのうち12が三振によるもの。そして中堅を守るトラウトの元に打球が飛んできたのは、2回先頭デービスのフライアウトだけだった。

 なかなか守備機会が回ってこなかったトラウトにとって、マウンド上でアウトを記録し続ける大谷の姿は、まさに「テレビゲームの投球」のように見えていたのかもしれない。(Full-Count編集部)

本拠地初先発で圧巻の投球を披露したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】