(C)Lleistock / Shutterstock
(C)Shutterstock

3月31日4月1日さいたまスーパーアリーナで開催されたAKBグループコンサートで、2日続けてメンバーの落下事故が起きた。

3月31日は『HKT48』の、4月1日は『AKB48』の、それぞれの単独コンサートで事故が起こりました。高さ約3メートルの“”と呼ばれる外周通路から落下し、HKT48秋吉は足のと小折。AKB48稲垣香織は後頭折し、入院加療が施されています」(芸記者

HKT48コンサートあと、普段ならば「運営の安全管理が不十分だった」などと批判したであろう支配人兼任の指原莉乃が、落下はメンバー自己責任であるかのようなツイートをし、ファンからの大ブーイングを浴びせられた。のちにそのツイート削除されている。

「どんなときでもメンバーファン寄りの立場を取り、場合によっては秋元康プロデューサーにも食ってかかる指原が、今回の事故ではメンバー責任を押し付けました。ファンは失望すると同時に、怒りの矛先を指原に向けました」(同・記者

 

人災隠しのために炎上か「AKB落下事故」に浮上した重大疑惑

見るからに簡素だった「セットの作り」

指原へのリプライのなかには《今年は総選挙に出ないからそんなことが言えるんだろ》といった投稿もあった。だが、指原ツイート自体が、そもそも炎上を狙ってのものだったとする意見が、1週間経って関係者から漏れて来た。

アリーナ会場で外周を設営することはしくありませんが、なぜかいつもよりも高い位置に設置され、の作りも簡単なを組んだだけ。補強用の木材梁の数が極端に少なかったのです。そこへ100人近くのメンバーが一斉に乗ると振動で足を取られ、っ直ぐ走れずに下に落ちてしまう。つまり明らか人災です」(コンサート関係者)

当日のコンサートに入場したファンも、同様の違和感を覚えたらしい。

メインステージから外周に移るとき、通常はステージからに“下る”のに、あの日はに向かって“上って”移動していました。アリーナ席からも、いつもより見上げる高さにがあったし、また入場しての下をくぐって客席に移動するとき、下が端から端までガランとしていて、向こうまで見通せるほど安普請だったんです。大丈夫かな? 下が抜けるんじゃない? と、いかにも不安になる作りでした」(ベテランAKBファン

観客でも気付くセットの弱点が明らかにならないように、指原炎上で“くらまし”をするように示されたのではないか――。人災隠しに手を貸したとなれば、これまで4回の総選挙1位に泥を塗ることになるが…。

 

(C)Shutterstock