4月3日、“ひふみん”の称で人気の、棋界のレジェンド加藤一二三九段が、NHK仙台の番組に出演。地元の英雄フィギュアスケート羽生結弦選手を褒め称えたことが、羽生選手のファンの間で話題になっている。

加藤九段は夕方のワイショー『てれまさむね』に登場。新年度スタートの時期に合わせて若者へのメッセージを送りました。冒頭は自身のフィールドである棋界の藤井聡太六段の話をし、そこから平昌五輪奇跡の2連覇を果たしたフィギュアスケート羽生選手の話に転じ、熱くったのです。大変なケガをして、素晴らしい成績をあげたというだけではなく、演技も璧で美しく、将棋の闘いにも通じるものがある、と言及。その共通するものとは、勇気が大事、弱気になってはいけない、慌ててはいけない、落ち着いて行う、の4カ条で、この4つができれば成功すると話しました」(女性記者

 過去にも「テレビ羽生選手の麗な演技などを見ている」とコメントしたことがあり、加藤九段が羽生選手を好きなことはファンの間では知られていたが、羽生選手の地元の番組での名言に、喜ぶファンもいたようだ。

 類い稀な努と、豊かな才ジャンルは違えども同じ一流と呼ばれる立場だからこそわかる羽生選手の偉大さがあるのだろう。

(芝子)

アサジョ