長編アニメーション映画『ニンジャバットマン』が6月15日に公開される。本作は、人気・実力ともトップクラスの声優の参加や、人気アニメ『ポプテピピック』で一躍注目を浴びている水崎淳平監督率いる「神風動画」が制作していることでも話題。多くのアニメファンからの期待が高まる注目作、一体どんな内容なのか。

【写真】意外に似合う? あのバッドマンが戦国時代の武者に!

 “バットマン”は、1939年にアメリカンコミックとして登場以来、コミック、アニメ、映画などさまざまな作品がいまなお創り続けられているDCコミック界の人気ヒーロー。その最新作である本作では、犯罪都市ゴッサムシティの悪党たちが、戦国時代の日本にタイムスリップし、日本と世界の未来をかけ、時空を超えた壮大なバトルを描く。

 同作の監督、水崎淳平氏は、テレビアニメ『ポプテピピック』を制作する「神風動画」の代表。公開に先立ち、両作がコラボした特別CM映像を制作した。映像では、女子高生であるはずのポプ子とピピ美がニンジャバットマンとジョーカーに変身。15秒という短い時間に、それぞれの世界観が濃縮された内容となっている。

 アメリカ・アナハイムで3月24日(現地時間)に開催された、映画やコミックの祭典『ワンダーコン』でも、大反響だったという。イベントに参加した、水崎監督は「アメリカのバットマンを真似して作ろうという思いはなく、むしろ日本のアニメーションの作り方のいいところを持ってきたので、良いバランスとしてアメリカファンにも受け入れられたのかもしれない」と観客の反応を考察。観客からは「観る前はバットマンと戦国時代しか期待してなかったけど、本編はいろんな要素が詰まっていて楽しかった」「DC映画市場5本の指に入る作品」と絶賛する声が多数寄せられた。

 映画のキャスト陣も豪華で、バットマンは山寺宏一、歴史改変をもくろむ最狂の愉快犯・ジョーカーを高木渉、ジョーカーと共に戦うキュートな悪役ハーレイ・クインを釘宮理恵、バットマンに協力しながらも真意の見えない謎の美女・キャットウーマンを加隈亜衣が演じる。

 公開の2ヶ月前ではあるが、国内外問わずSNS等でも注目度が高い本作。日本での劇場公開は6月15日となるほか、アメリカほか55ヶ国での展開(劇場公開は日本のみ)を予定している。

(C)大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード、BATMAN and all related characters and elements (C)&TM DC Comics. (C) 2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved.
『ポプテピピック』と『ニンジャバットマン』がコラボした特別映像が解禁