●LEGO BOOSTとは
2018年2月に、レゴジャパンからレゴを利用したプログラミング学習キット「レゴ ブースト クリエイティブ・ボックス」(以下レゴ ブースト)が発売されました。トイザらスオンラインストアでの価格は19,999円(税別)です。

レゴ ブーストは、レゴブロックの組み立てに、プログラミング体験を追加した製品。1つのパッケージの部品を組み合わせることで、「ロボットのバーニー」「子猫のフランキー」「ブースト車」「ブロック組み立てマシン」「ギター4000」の5種類を組み立てられ、動きや声、音などの効果を、iOS / Android / Windows 10向けアプリによる手軽なプログラミングで楽しめます。

レゴのプログラミング学習キットとしては、「レゴ マインドストーム」シリーズと、低年齢向けの「レゴ WeDo」シリーズが有名ですが、これらの製品は基本的に学校や塾などの教育機関向けに販売されているのに対し、今回登場したレゴ ブーストはトイザらスなどの玩具店で販売されるコンシューマー向け製品という違いがあります。レゴ ブーストの対象年齢は7歳以上で、レゴ マインドストームの10歳以上に比べて、低年齢向けとなっています。

私には、小学4年生の息子と中学1年生の娘がいます。息子は9歳で、レゴ ブーストの対象年齢にぴったりなので、息子と一緒にレゴ ブーストで遊んでみることにしました。ちなみに息子は、未就学時のときに低年齢向けの大きなブロックを使う「レゴ デュプロ」を使って遊んでいましたが、特別レゴにハマっていたというわけではありません。
○全847個のパーツから構成される

レゴ ブーストのパッケージを見たときの第一印象は、「おお、結構大きいなあ」というものでした。ただ、重さはそれほどでもありません。パッケージを開けると、中には11個の袋に分けられたパーツとプレイマット兼パーツリストが入っていました。パーツが入った袋には、1から11までの数字が印刷されています。

入っているパーツは全部で847個ですが、そのうちの3つが「BOOSTブロック」と呼ばれる特別なブロックです。BOOSTブロックの内訳は、「ムーブハブ」、「カラー&距離センサー」、「外部モーター」となっています。

ムーブハブは、レゴ ブーストの心臓部となるパーツで、速度を制御できるモーターが2つとBluetooth LE機能、6軸傾きセンサー、マルチカラーLEDが内蔵されています。カラー&距離センサーは、物体との距離や目の前にあるものの色を検知可能で、LEDライトとしても利用できます。外部モーターは、ムーブハブに内蔵されているモーターと同じ機能を持っています。これらのBOOSTブロックによって、レゴに命が吹き込まれるのです。

○専用アプリの指示にしたがって1ステップずつ組み立てる

レゴ ブーストに組み立て説明書などは一切付属していません。専用アプリの指示にしたがって、パーツ同士をはめ合わせ、プログラミングを行います。つまり、専用アプリを使うためのタブレットやPCが必要というわけですね。

専用アプリは、iOS/Android/Windows 10版が用意されていて、無料でダウンロードできます。もちろん画面サイズが大きいタブレットのほうが見やすくなりますが、スマートフォンでも使えますよ。

最初に専用アプリを起動すると、選択肢のほとんどがグレーアウトされていて、車のアイコンしかタッチできないようになっています。この車は、ゲット・スターテッドビークル(以下ビークル)と呼ばれていますが、ビークルを組み立てることで、ブロックの組み合わせ方やプログラミングの仕方など、一通りの手順を学べます。

LEGO BOOSTは、何を作るにしても3つのステージに分けて、組み立てやプログラミングを行います。最初は左のステージ1しか選べず、そのステージをクリアすると、次のステージが開放される仕組みになっています。

最初は、ムーブハブ底面のフタを開けて、単四形アルカリ乾電池6本を入れる作業からスタート。9歳の息子にプラスドライバーとタブレットを渡して、「画面を見てやってごらん?」と伝えたところ、特に戸惑うことなく、ネジを外してフタを開け、乾電池を入れていました。もちろん、息子がドライバーを使うのは初めてではありません。また、普段からタブレットやSwitchなどでよく遊んでいるので、画面の指示にしたがって組み立てることに、抵抗感はないようです。

乾電池を入れたら、いよいよ組み立て作業の開始です。パーツは1から11の袋に分けられて入っていますが、まずは1と書かれた袋を開けるように指示されます。一度に847個のパーツを出してしまうと、必要なパーツを探し出すのが大変ですが、この方式ならパーツを探す手間が少なくてすみますね。

組み立て手順は、図を使って1ステップずつ丁寧に説明されています。左上に、そのステップで使うパーツが表示されているので、まずそのパーツを用意します。ただ、画面上だとグレーとブラックの違いがややわかりにくかったです。組み立て方法の図は、静止画ですが、拡大や縮小は可能。ソニーのプログラミング用ブロック「KOOV」はアニメーション表示で、図を自由に回転でき、好きな角度から見られるのですが、レゴ ブーストのアプリは対応していません。

○専用アプリでのプログラミングも簡単

息子がレゴに触れるのは久し振りですが、画面を見ながら集中して組み立てられたようです。私は見てるだけで、特に口や手を出す必要はありませんでした。

ビークルのステージ1の組み立てが完了すると、ムーブハブとタブレットをBluetoothで接続するために、ムーブハブの緑ボタンを押すように指示されます。初回接続時には、ムーブハブのファームウェアの更新が行われますので、しばらく時間がかかります。ファームウェアの更新が終わったら、プログラミングに取りかかります。

プログラミングは、対話型の物語やゲームを作成できる子ども用プログラミング言語「Scratch Jr.」に似た感じで、アプリの画面下に用意されているブロックをドラッグ&ドロップで並べて行い、プログラムは左から右へと実行されます。たとえば矢印のブロックでビークルが動き、円形のようなブロックを取り入れるとビークルが回転します。

プログラミング教育用のレゴ「レゴ マインドストーム」や「レゴ WeDo」よりも、さらにブロックがシンプルかつわかりやすくなっていますので、プログラミング経験がないお子さんでも、戸惑うことはないでしょう。ブロックを並べたら、実行ボタンにタッチするだけで、プログラムが実行されます。プログラムの転送作業が不要で、すぐ実行できるのでとても便利です。ビークルの3ステージを全て完了させると、カラー&距離センサーを使い、たとえばセンサーに手をかざすとビークルが後ろに逃げていく、というようなプログラムも実行できるようになります。

ビークルの組み立てに必要なパーツは、1番の袋のパーツだけですみます。息子は、ビークルを最後まで組み立て、自分でプログラミングをするまでに、1時間程度かかったようです。息子に感想を訊いたところ、「結構簡単で、面白かった! 」とのことでした。

●さあ、動くロボットをつくろう!
○いよいよロボットの組み立てにチャレンジ

チュートリアルとなるビークルのコースを終えると、アプリトップメニューのロックが解禁され、「ロボットのバーニー」「子猫のフランキー」「ギター4000」「ブースト車」「ブロック組み立てマシン」の5種類の基本モデルを作れるようになります。

早速、ロボットのバーニーを息子に作らせてみることにしました。ロボットのバーニーの組み立ても、3つのステージに分かれています。最初のステージでは、ロボットの頭と胴体を作ります。このステージ1だけでも、154のステップが必要で、最後までロボットを組み立てるのはかなり大変。

ステージ1では、2~5までの袋を使います。普通のレゴブロックと違って、円筒状のジョイントパーツを使って、ブロック同士を繋ぐ作業が多いので、組み立てもやや難しいようです。ステージ1を最後まで作るのに、息子は2時間半くらいかかっていました。頭の後ろにはギアがあり、まゆ毛が頭の左右の動きに連動して動くようになっています。息子は、特にこの部分の組み立てに悪戦苦闘していました。

ステージ1が完了したら、続いてステージ2に進みます。ステージ2以降も多くのステップを費やしました。ステージ2では、ロボットの足となるキャタピラーを組み立てて装着します。キャタピラーもパーツをひとつずつ組み合わせて作るので、結構大変な作業。ちなみにステージごとにロボットを動かすプログラムを作成することが可能。

ステージ2まで完了すると、ロボットのバーニーを自由に移動させるプログラムを組むことができます。ステージ2では、パーツを組み合わせてキャタピラーを作るのが大変だったと息子は言ってました。

最後のステージ3では、ロボットの腕を作って装着します。この腕はモーターでは動きませんが、輪ゴムを利用した手先の開閉機構が用意されていますので、小さいものであれば挟めます。

最後まで作るには、かなり時間がかかりますが、その分達成感も大きいようです。息子も笑顔でロボットを動かして、遊んでいました。ロボットは、動く際に効果音を出したり、日本語で挨拶をしたりすることもできます。音声はロボット本体から出るのではなく、専用アプリを動かしているタブレット側から出るようになっています。

○その他のモデルも製作してみた

さらに、他の基本モデル「子猫のフランキー」と「ギター4000」(ステージ1まで)も組み立ててみました。他の基本モデルを組み立てるには、一度組み立てた作品をバラバラに分解する必要があるのですが、何度やっても解体作業は寂しさがこみ上げ、心が痛みますね。レゴ ブーストには細かなブロックが多数使われていますので、手で外すのが難しいこともできちゃいます。ラジオペンチのようなものを用意しておくと小さなブロックも簡単に外れますよ。

子猫のフランキーは、手やまゆ毛、目玉を動かしたり、座ったり伏せたりすることや、ハッピーバースデーを歌ったりすることができます。また、しっぽも左右に振ってくれますよ。さらに、鼻の部分に取り付けられた距離&カラーセンサーによって、付属のミルクやケーキのパーツの色を識別できるので、たとえばミルクのブロックを近づけると喜ぶようプログラムを組むことも。また、ムーブハブに内蔵されている傾きセンサーを利用して、背中をなでると喜んだり、抱き上げて逆さまにすると怒ったりといった動作も可能です。

ギター4000のステージ1では、ギターのネック部分にあるスライドを動かせば、音程を変えられます。プログラムによって、音の長さや音質まで変更可能。最後まで組み立てると、レバーの上下で音のオンオフが可能になるので、ちょっとした曲を演奏することもできます。

○小学校低学年でもプログラミングの概念を独学できる

レゴ ブーストは、子ども向けのプログラミング教材としてなかなかよくできた製品です。もちろん、ブロックは通常のレゴと互換性がありますので、手持ちのレゴブロックと組み合わせれば、より自由な作品を作ることができるようになります。

レゴ マインドストームのように、他のプログラミング言語でプログラミングをすることはできませんが、プログラミングの基本的な概念を学ぶには十分だと思います。アプリについては、ブロックのグレーとブラックの違いがわかりにくいことや、作り方を説明した図を回転できないといった不満もありますが、1ステップずつ丁寧に組み立て手順が解説されているので、小学校2年生、3年生でもレゴで遊んだ経験がある子どもなら問題なく組み立てられるでしょう。価格も2万円台で購入できるので、コストパフォーマンス的にも魅力があります。

息子に全体的な感想を訊いてみたところ、「ところどころ難しいところもあったけど、よく図とブロックを見比べたらできた。プログラムも簡単で楽しい」とのこと。2020年から小学校でもプログラミング教育が必修化されます。レゴで何か作るのが好きなお子さんには、特にお勧めしたい製品です。
(石井英男)

画像提供:マイナビニュース