『6才のボクが、大人になるまで。』で世界の賞レースを席巻したリチャード・リンクレイターが監督を務め、アカデミー賞主演男優賞ノミネート経験を持つ名優達が集結した『30年後の同窓会』が、6月8日(金)より公開が決定した。

【関連記事】『ブレイキング・バッド』ブライアン・クランストン、18年間ファンのために続けてきたとあることを卒業

男一人、酒浸りになりながらバーを営むサル(ブライアン・クランストン)と、破天荒だった過去を捨て今は牧師となったミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)の元に、30年間音信不通だった旧友のドク(スティーヴ・カレル)が突然現れる。二人にドクは、1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼する。バージニア州ノーフォークから出発した彼らの旅は、時にテロリストに間違われ得るなどのトラブルに見舞われながら、故郷のポーツマスへと向かう―。

リンクレイター監督は、2005年に刊行された原作小説を読んで以来、この企画を12年間も温め続けていた。原作者のダリル・ポニックサンは、アメリカン・ニューシネマの傑作『さらば冬のかもめ』の原作小説でも知られるベテラン作家。今回の脚本はリンクレイターとポニックサンが共同で手掛け、過去と現在の戦争の苦しみに向き合いつつ、ユーモアに満ちた仲間との交流の旅が、空っぽの心を埋めていく温かい友情の物語を作り上げた。

キャストには『フォックスキャッチャー』で第87回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたスティーヴ、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』で第88回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、海外ドラマ『ブレイキング・バッド』でもお馴染みのブライアン。『TINA ティナ』で第66回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたローレンス・フィッシュバーンという名優たちが集まった。エンドロールで流れるボブ・ディランの「Not Dark Yet」が彩りを添える感動のロードムービーがここに誕生。

『30年後の同窓会』は6月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて公開。(海外ドラマNAVI)

★第9回海外ドラマNAVI勝手にアワード開催中!お気に入り作品・俳優・声優に投票して豪華プレゼントを当てよう!投票はこちらから

Photo:『30年後の同窓会』
(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC