ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・19歳の女子大生がオムツ生活
・ケタミンという薬物を吸ったため膀胱が収縮
・彼女の膀胱のサイズは一般成人の10分の1以下

女子大生 オムツ

中国の19歳の女子大生が、若くしてオムツ生活を送らなくてはいけなくなっているという。

オムツと言えば赤ちゃん、もしくは介護の必要な老人というイメージがあるが、何故この女子大生はオムツを着用して生活しているのだろうか?

その事情を匿名ながら次の様に明かした。「高校時代に彼氏と一緒に好奇心で薬を吸引した。『K粉』と呼ばれる新種の麻薬で、一度吸引しただけなのに、膀胱を損傷してしまった」と打ち明けた。

その後の調べてこの女子大生が吸引した薬物は「ケタミン」だったことが判明。ケタミンは手術時の麻酔用として使用され、幻覚効果や依存度が高く、韓国では抗うつ医薬品としても使われ、特殊管理されている。

しかし、中身がケタミンだとしらずに吸引し、そのせいで膀胱が収縮し、激しい頻尿症(排尿回数が増える症状)になった。そのせいで10分ごとに1度はおしっこが行きたくなり、それに悩まされている。

現在この女子大生の膀胱の大きさは一般成人の10分の1にも満たないという。ちなみに一般成人の膀胱は400~500ミリリットルだが、彼女の膀胱は30ミリリットルとかなり収縮してしまっている。

頻繁に尿意がするため授業を受けたり、公共交通機関(電車やバス)に乗るなど日常生活が困難になっている女子大生は、仕方なく成人用オムツを着用するようになった。

女子大生は自らオムツを着けている姿を鏡越しに撮影。その姿を公開した理由は「このような恥ずかしい姿を公開したのは麻薬がこのように危険か知らせたいため。私のように誤った選択に苦しむ人々がいなくなったら良い」とコメントした。