アトレチコ戦、レアルFWロナウドが先制点 同点後にロナウドを下げてベンゼマ投入

 レアル・マドリードは現地時間8日に行われた第31アトレチコ・マドリードとのダービーマッチに臨み、1-1のドローに終わった。レアルポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドスーパーボレーで先制弾を奪ったものの、後半途中でベンチへと下がった。スペインAS」や「マルカ」によると、このジネディーヌ・ジダン監督の采配について指揮官将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが触れている。

 順位的には2位アトレチコと4位レアルスペイン首都決戦、均衡を破ったのはやはりロナウドだった。ブラジル代表DFマルセロを起点にウェールズ代表FWガレス・ベイルが左サイドを突破して高弾道クロスを供給。これにファサイドで待ち受けたロナウドボールの落ち際をしっかりと叩きゴール右隅を打ち抜いた。

 UEFAチャンピオンズリーグCL)準々決勝ユベントス戦でのオーバーヘッドシュートに続くファインゴールに、本拠地サンチャゴ・ベルナベウは大いに沸いた。しかしその4分後には相手エースFWアントワーヌ・グリーズマンが同点ゴールを奪い返す展開になった。同19分にジダン監督が意外な行動を取る。ロナウドベンチに下げ、元フランス代表FWカリム・ベンゼマを投入したのだ。

 この交代策は結局実らず1-1ドローとなり、レアルは勝ち点3確保とはならなかった。勝利すれば3位浮上ならびにアトレチコとの勝ち点差を1に詰めることができただけに、現地メディアでは采配に疑問のも上がっている。

 しかし、ジダン監督は「多くの試合がある。時には彼にも休息が必要だ。クリスティアーノはクリスティアーノで、彼はシーズンを過ごせば、年間50ゴールを挙げられるからね」と意に介さないコメントを出した。


ラモスの見解「お互いの合意があったかどうか分からないけど…」

 またセルヒオ・ラモスは以下のように話している。

「お互いの合意があったかどうか分からないんだけど、彼(ロナウド)は素晴らしいフォームをキープしている。だからこそ彼に対して気を遣わなければならないんだよ」

 今シーズンレアル現実的に見て、獲得できるタイトルは3連覇が懸かったCLのみとなっている。それだけにの前のダービーというよりも、現地時間11日に行われるユベントスとの第2戦に視線を向けている模様だ。

監督らに伝えていることをやるだけだ。もし監督が何も言わなければ、それをリスペクトしなければいけない」

 セルヒオ・ラモス将の決断こそ最優先だとっている。果たしてダービーでの“ロナウド温存”は、CL連覇への妙手となるだろうか。


Football ZONE web編集部)

レアル・マドリードを率いるジダン監督【写真:Getty Images】