AWAがメジャー団体だった時代の最後の世界チャンピオン。1980年代のうねりに巻き込まれた“1970年代型のチャンピオン”だった。

 オールドファッションなアメリカン・スタイルの継承者で、カラー・アンド・エルボーからのロックアップ、左からのサイド・ヘッドロック、テイクダウン、ハンマーロック、リストロックといった基本技のルーティンを大切にした。

 いわゆる典型的な美形のベビーフェースではあったが、レスリングそのものはひじょうに地味で、回転エビ固めやボストンクラブをフィニッシュ技として使っていた。

 ふたりの兄、ピエール・マーテル(別名フレンチ・マーティン)とマイク・マーテルのコーチを受け、1972年に16歳でデビューした。

 ホームリングは英語とフランス語のバイリンガル圏のカナダ・モントリオールだったが、昔ながらのジャーニーマン・スタイル(旅がらす)で、10代のルーキーイヤーズをオーストラリア、ニュージーランド、ハワイの長期ツアーで過ごした。

 20代前半は西海岸エリアのカナダ・バンクーバー、オレゴン州ポートランドのパシフィック・ノースウエスト地区に定着。ロディ・パイパーとのコンビでパシフィック・ノースウェスト地区タッグ王座についた(1980年3月29日)。

 初来日は1976年(昭和51年)10月。ふたりの兄ピエール&マイク、ジプシー・ジョーらとともに国際プロレスの『勇猛シリーズ』に出場。

 2度めの来日は1980年(昭和55年)2月、全日本プロレスのリングで、まだ無名の若手選手だったためテレビ中継に登場する機会はほとんどなかった。

 AWAのボス、バーン・ガニアはマーテルをニック・ボックウィンクルに代わる1980年代の長期政権型のチャンピオン候補と考えた。

 80年代前半のAWAのスーパースターはハルク・ホーガンだったが、ガニアはホーガンを“通過していくタレント”ととらえ、チャンピオンベルトをめぐる闘いからはできるだけ遠くにレイアウトした。

 AWA世界ヘビー級王者ニックはジャンボ鶴田に敗れ王座から転落し(1984年=昭和59年2月23日、東京・蔵前国技館)、マーテルはその鶴田を下してAWA世界王座を手にした(同年5月13日、ミネソタ州セントポール)。

 全日本プロレスのリングではリック・フレアーとの“史上初”のNWA・AWAダブル世界タイトルマッチも実現した(1985年=昭和60年10月21日、東京・両国国技館)。

 チャンピオンになった時代が悪かったといえば、そういうことになってしまうのだろう。マーテルがAWAの主役となった1984年は、ビンス・マクマホンがWWEの全米マーケット進出プランに着手した年だった。

 ホーガン、アンドレ・ザ・ジャイアント、パイパー、ジミー・スヌーカといったオールスター・キャストが全米ツアーを開始し、AWAの本拠地ミネアポリスに乗り込んできた。

 ガニアは、ジム・クロケットJr(NWAクロケット・プロ=ノースカロライナ州シャーロット)、オレイ・アンダーソン(NWAジョージア=ジョージア州アトランタ)、ジェリー・ジャレット(テネシー州メンフィス)、カルロス・コロン(WWC=プエルトリコ)ら大物プロモーターたちとの合同プロジェクト“プロレスリングUSA”でWWEの本拠地ニューヨークへの進出を試みた。

 しかし、いずれも“一国一城の主”の集合体はまとまりがつかず、マーテルもそういった政治的な背景のなかでスタン・ハンセンに敗れベルトを失った(1985年12月29日=ニュージャージー州イースト・ラザフォード)。

 マーテルはその後、WWEと契約しトム・ジンクとのコンビでカンナム・コネクション、ティト・サンタナとのコンビでストライク・フォースとタッグチーム部門で活躍(1987年10月27日、ニューヨーク州シラキュースでブレット・ハート&ジム・ナイドハートを下してWWE世界タッグ王座を獲得)。

 1990年代前半には男性ファッション・モデルという設定の“ザ・モデル”マーテルとして慣れないヒールを演じたが、WWEのリングではどちらかといえばワン・オブ・ゼブの立場に甘んじた。

●PROFILE:リック・マーテルRick Martel
1956年3月18日、カナダ・ケベック州ケベックシティー出身。本名リチャード・ヴェニョーテ。1978年、ドン・ムラコとのコンビでハワイ・タッグ王座、1981年にはトニー・ガレアとのコンビでWWE世界タッグ王座をそれぞれ獲得。1998年、引退。

※文中敬称略
※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦

連載コラム『フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100』第56話は「リック・マーテル 遅れてきたオールドファッション」の巻(Illustration By ToshikiUrushidate)