女優の波瑠(26歳)が主演を務めるミステリードラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(4月19日スタート/毎週木曜22時〜/テレビ朝日系)の公式ブログが4月9日に開設され、第1回目の投稿を記念して、波瑠や、共演する鈴木京香(49歳)、沢村一樹(50歳)、遠藤憲一(56歳)、高田純次(71歳)との貴重なオフショットを公開した。

同ドラマは、麻見和史の警察小説が原作。実在する未解決事件の専従班をモデルにした警視庁捜査一課「特命捜査対策室」を舞台にした作品で、波瑠演じる体力と柔術には自信のある肉体派熱血刑事・矢代朋と、鈴木演じる文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙がタッグを組み、個性的なメンバーと共に文字に隠された真実を読み解き未解決事件を追う。

「『未解決の女』ブログSTART!」と題して更新した初エントリーでは、「公式Twitterや公式Instagramでもドラマに関する情報や撮影裏側をお届けしておりますが、合わせてこちらのブログでも皆さんに色々とお届けしていきたいと思いますので これからよろしくお願い致します!」と挨拶し、「ブログでしか見られないオフショットもあるかも……? ブログ限定企画もできたら…なんて思っておりますので!!どうぞお楽しみに」とファンに公式ブログ限定の企画も予告した。

3月半ばにクランクインした同ドラマも、初回放送まであと10日。スタッフは「初回放送に向けて撮影×撮影×撮影の日々でございます!あんなところやこんなところに行って撮影×撮影×撮影!!時には東京を離れたりなんかしちゃって…あと10日、首を長〜くしてお待ちくださいね」と撮影の様子について触れると、「今日は記念すべき公式ブログ第1回目ということで、スペシャルな写真をお届けしたいと思います」とつづり、まだどこにも出ていないという超貴重なオフショットを公開した。

公開したオフショットは、波瑠演じる矢代朋と鈴木演じる鳴海理沙が所属する警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)のメンバーの集合ショット。特命捜査対策室 第6係のセット内で撮影したという初の集合写真撮影に「『笑っていいの?』『ポーズ付けていいの?』と皆さん試行錯誤の中……スタッフ『それではいきまーす!』パシャッ」と撮影のやりとりを明かしたり、写真の出来映えに「良いですね!!!!皆さん素敵です!!いい笑顔です!!!というか、カッコイイです!!高田純次さんは…ハワイ気分ですね!アロハ〜」とスタッフも大絶賛している。

他にも「第6係は地下に追いやられているので、窓がない、薄暗〜い部屋なんです。そして、デスクの周りには未解決事件の資料が入った箱がずらり。こんな感じになっております」と撮影セットも公開した。

ファンからは「波瑠さんイケメン」「みなさんカッコ良すぎます」「鳴海が黒ずくめなのがいい さすが倉庫番の魔女 笑」「豪華すぎます!!!!」「もっと色んなショットが見たい」などのコメントや、「たのしみです!」「放送がとてもたのしみ」とドラマ放送を楽しみにしている声も寄せられている。