『週刊SPA!』にて2000年6月14日号から2013年4月まで連載されていた倉田真由美による漫画『だめんずうぉ~か~』。2度にわたりテレビドラマも制作・放映され、2006年5月には舞台演劇として上演。さらに2010年3月よりBeeTVにてアニメ化もされた名作だ。

 このたび、ハリウッドでも活躍する森本のぶ主演でトークショーを含む全3話から構成されたオムニバスDVD『だめんずうぉ~か~THE MOVIE ジェラシー編』が、5月2日にリリースされることが決定された。

 そこで本記事ではDVD発売を記念して、くらたま先生と同DVDのEDテーマ『Baby Call My Name』を歌う声優で歌手の新田恵海さんとの対談を敢行。声優と漫画家、異色の組み合わせで始まった対談は思わぬ恋愛観の話へと転がった。

◆くらたまが驚いた新田恵海の「好きな男性のタイプ」

新田恵海(新):先生の漫画を読ませて頂いて、最初は衝撃でした。こんなにだめんずっているの!? みたいな。

倉田真由美(倉):珍しくないですよ! たとえば、『だめんず・うぉ~か~』にも描いたけど、自作の歌を録音したテープを送るとか、困った手作りプレゼントを送る声優ファンも多いんじゃない?

新:約束を守ってくださるファンの方が多いですよ。私の話で言えば、高校生の時、男性から日記をもらったことがあって、それはどうしようかと思いましたが……。一応、読んで返却しました。

倉:どんなに愛しているかとか、日常の出来事が綴られてるわけね……。新田さんは好きな男性のタイプは?

新:“私のことが好きな人”ですね。

倉:なにそれ!? 完璧だね! 今までこの質問に対してモテ女がどう答えるか研究してきたけど、最高の答えかも(笑)。ジャニーズの○○君とかズバッと言うと、男性は「俺は当てはまらないな……」みたいに引いちゃうから、だいたい“優しい人”とか曖昧なこと言ったりするんですけど。完璧だなー。

新:そうですかね(笑)。くらたま先生はなんて答えます?

倉:私は結構はっきり言っちゃうタイプだから「ワイルド系!」「一緒に話をしていて楽しい人!」みたいにズラズラ列挙する(笑)。そうするとどんどん対象の男性が減ってくよね。

新:私の場合、恋愛相手も仕事相手も好きになる人は一緒です。会話をしていて「なんとなくこの人いいな」っていう好意がベースにあって、そういう人とずっと付き合っていたいです。

◆新田「トラブルがあっても、あとで笑えたらいいかな」

倉:新田さんはガッカリする男性の行動とかあります?

新:店員さんに対する接し方を見てしまうところはありますね。クレーマーっぽいとちょっと引いてしまうというか。

倉:それ、あるよねー。じゃあ例えば、彼氏と蕎麦屋さんに行って冷たい蕎麦を注文したのに、店員さんが暖かい蕎麦を間違って運んで来ちゃったとします。その時の男性の対応はどんなのが理想?

新:「あれ?間違えちゃったのかな?でも、あったかい蕎麦も美味しそうだよね」と言って何も言わずに食べる人が好きです。もちろん、「注文間違ってます!」と言うのも別にいいと思うんですけど、「間違えて伝えちゃったかもしれないんですけど……」とか、相手を思いやって話せる男性がいいですね。

倉:おっしゃる通りだね。伝え方って大事。女の人はそこ見てるからね。

新:ちなみにもし自分が同じ立場だったら、私はその温かい蕎麦を食べて、もう一軒移動して冷たい蕎麦を食べに行くタイプですね。

倉:一杯食べてまた食べるの? すごいな! 新田さん、ストレス溜めたりしてない? 大丈夫?

新:私、トラブルがあっても、あとで笑えたらいいかなと思うタイプなんです。

◆新田恵海が「不潔な男」が一番苦手なワケ

倉:なんてかわいい性格(笑)。逆にもう少しイヤだなと思う男性のタイプとか教えてほしい! 例えば、暴力男は問題外として『だめんず・うぉ~か~』で描いた男のパターンで浮気・不潔・貧乏だと、どれが一番近づきたくないですか?

新:えー、無関係の人も不快にさせてしまうから、不潔な人ですかね……。

倉:不潔はダメだよね。生理的にも難しいものがあるし。

新:例えば、自分の好きな人が貧乏だったら、お金に余裕がある方が出せばいいって思うんです。でも、不潔な人は、否応なく周りに影響しちゃいますよね。

倉:納得だね。そういえば、『だめんず・うぉ~か~』にも描いたけど、人生で一度も歯を磨いたことがないという男のインパクト強すぎる不潔エピソードがあって。その男の人は歯垢が溜まりすぎて、カリカリ梅を噛むと白い歯垢が歯型に沿ってびっちり梅に付くという……。その男が「お前も食べる?」って歯垢付いた梅を渡すんだけど、「ムリムリ!」みたいな。でも、話を聞いた女のコはそれでもその不潔男と付き合ってるんですよ(笑)。

新:それはすごいですね……。

倉:ちなみに、男性の浮気は許せないタイプですか?

新:当人同士の問題かと思いますが、私が浮気されたら普通に別れるかと思います。

倉:まあ、そうだよね(笑)。でも、いろいろ取材してみると旦那の浮気を知りつつ、夫婦の秩序維持とか、いざという時の切り札のために、夫にそのこと内緒にしている妻もまあまあいるんですよ。

新:女性はしたたかですね(笑)。

倉:LINEを立ち上げている彼の近くに寄ったらホーム画面に戻ったとか、本当にちょっとしたことから男の浮気ってバレるからね。いきなり見たことないスタンプを送ってきたとか、浮気発覚の9割以上はスマホからだよね。

新:「えっ?このスタンプ見たことないんだけど、もしかして……スタンプ買った?」みたいなかんじですね(笑)。

倉:そうそう。あと浮気って、一緒に住んでいたら大概バレるよね。一、二回は隠せても継続して隠すのは難しい。

新:恋人と浮気相手、どっちも都合よく付き合うというのは無理なんでしょうね。ただ、私は私が我慢できるならけっこう耐えちゃうかもしれません。冷たいお蕎麦を頼んだのに、温かい蕎麦が来たら、何も言わずにそれを食べ終わってから別のお店で冷たい蕎麦を食べるくらいですから。

倉:いや、そんな心の広い人はなかなかいないわよ!(笑)。
<取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/田中一矢>

新田恵海(左)と倉田真由美(右)