自分で自宅をDIYリノベーションする「セルリノベ」に興味を持つ人が増え、体験施設も急増しています。しかし、セルリノベのインストクター認定までおこなっている施設はありません。そこで、今回はセルリノベのインストクターを育てる施設「KILTAキルタ)」を運営する一般財団法人KILTA代表理事であり、KUMIKI PROJECT株式会社代表取締役桑原くわはらゆうき)さんに、KILTAをつくった背景的、今後している方向性についてうかがいました。
KUMIKI PROJECTが掲げる「DIT」とは?

「KUMIKI PROJECT」は、2013年奇跡の一本で知られる岩手県陸前高田市スタートしました。ブロックキットを使って、地元の人たちと21坪の集会所をつくろうというプロジェクトから始まった会社です。

2017年には事業エリア首都圏にも拡大すべく、本社を神奈川県二宮町に移転。現在は、東北を中心とした産材を素材に、小規模のお店やオフィスサポートしようと、セルリノベーションによるお店づくりやオフィスづくり、ワークショップまで手がけています。

そんなKUMIKI PROJECTが掲げるコンセプトはDoing It Togetherを意味する「DIT」です。「『ともにつくる』を楽しもう、ということを大事にしたくて使っている言葉なんです」と桑原さんは言います。

岩手県陸前高田市での集会所セルフビルドの様子 (画像提供/KUMIKI PROJECT)

自身、5年前までDIYはやったこともありませんでした。実は、被災地で集会所をセルフビルドしたのがはじめてのDIYだったんです。ともにつくることで、みんながつながっていく。そのはとても印的で、KUMIKI PROJECTの原点になっています。だからといって、みんなにつながりこそ何より大事だと、理強いするつもりはないんです。つながりは強くなりすぎるとしがらみになってしまう可性もある。むしろ、今のライフスタイルにあったつながり『方』を増やしていきたい」(桑原さん、以下同)

理につながろうとする、というわけではありません。あくまでつながりたい人が、つながることができる機会をつくるのが大事、それがKUMIKI PROJECTの思いでもあります。

KUMIKI PROJECTの活動の中で生まれた「KILTA

KUMIKI PROJECTは活動当初、産の材でつくる具キットを開発し、販売していました。でも、売上を伸ばすのは大変だったそう。産材でつくるから、大きな具量販店が製造する量産品にべると、価格がどうしても高くなってしまう。具キットの製造販売という方法だけでなく、どうすれば被災地産材をより多く使ってもらえるのかをめて考えた結果、たどり着いたのが「キットをツールとして使い、オフィスづくりやお店づくりのセルリノベーションをお手伝いすること」だったのだそうです。

「例えば、100万円ほどの予算でお店づくりを行うとします。これまでのように建築事務所や工務店などの専門業者に相談して進める場合、この予算ではできることがかなり限られてしまうのが現実です。でも、らの場合、職人さんではなく、お店をはじめる人と一般の人々が一緒に手を動かし、ワークショップ形式で間づくりを進めるため、『コストは抑えながらも、着はいっぱいなお店づくり』が可になるんです。これまでつくってきた産材の具や内装キットを使うため、DIY初心者でもクオリティを守った間づくりができています。

お店をはじめる人からすると、最初の負担を下げることができるだけでなく、手間をかけることで着が生まれます。そして、ともにつくった人たちは自分のお店の大切な応援団になっていく。そんなお店づくりで、らの価値が発揮できるようになりました」

を地域住民とともに全5日間のワークショップセルリノベーションしたカフェスペース解体、床はり、漆喰塗り、具キットの組み立てなどを実施 (画像提供/KUMIKI RPOJECT 写真撮影/八幡 )

しかし、そこで持ちあがった課題が、こうしたワークショップセルリノベを教える「先生」の不足。素人だけでは分からない間の構造や、工具の使い方や材料の加工方法について現場でサポートしてくれる先生インストクターが必要でした。

具や内装はキット化しているため、職人さんじゃなくてもできるようになっています。だからこそ、例えば、地域の子育て中のお母さんが、お子さんが学校に行っている間に、インストクターをやるというのでもいい。地域の人たちがインストクターになり、地域の材を具や内装キットにし、地域で間づくりをはじめる人を支える。そんな循環ができるといいと思っています。

そのためには、セルリノベーションに関する知識と技術を伝え、インストクターになりたい人を育てる拠点が必要でした。例えば、床のり方、の塗り方やり方、具の造作の仕方などを学んでもらうプログラムをやるためにつくったのがKILTAなんです」

KILTAインストクターは「職人未満・素人以上」

KILTAインストクターは「ものづくりやインテリアが好きだから仕事に活かしたい。でも、職人として技術を極めて仕事をしたいわけじゃない人」なのだと桑原さんは言います。

DITインストクター認定講座モニタークラス)受講生の現場実習。床ハリクラスリクラスを2018年3月に試験開講。プログラム良し、5月頃から本格実施予定 (画像提供/ KUMIKI PROJECT)

「みんなで楽しみながらつくるために必要な知識や技術は、間を施工する職人の技術とはかなり違います。例えば、ワークショップに参加したけれど、不安で手が出せない人や、何をやれば良いのかわからなくて手がいてしまった人などに、楽しんでつくってもらうためのコミュニケーションの取り方や、時間内に終わらせるスケジュール管理、散らばった工具につまずいて転んだりしないように注意するといったリスク管理などができることがめられます。そのうえで、職人まではいかなくていいけど、間づくりに最低限必要な知識と技術があって楽しくワークショップを進められるっていうことがインストクターとして大事なことなんです」

昨今のDIYブームもあってか、インストクターをやりたいという人は多く、昨年末から行った説明会は軒並み盛況だそうです。

「暮らしをつくれる人を増やしたい」全にKILTA

KILTAはもともと横浜にあるリフォーム会社とKUMIKI PROJECTの共同事業として始まりましたが、職人不足や高齢化などの課題を抱える建築業界をはじめ、DIY市場の拡大を進めたい建材メーカーインテリアDIY情報の発信を行うメディア、多様な働き方を増やしたい地域団体などからこうした動きへの賛同を得られたことから、今年1月に一般財団法人KILTAを設立。同法人で本格的にインストクター育成事業に取り組むことになりました。拠点も横浜だけではなく、京都春日部神戸にも開設準備中であり、全各地で暮らしをつくれる人材育成に注していきたいのだそう。

一方でネックになるのが工具の問題。本格的な機械工具や手具を、インストクターになった人がすべて用意するのは負担が大きすぎるため、現場で使用する工具類はKILTAがすべて用意する形で考えているそうです。

塗りや床りなどのワークショップで使う工具一式を詰め込んだ『ツールボックス』とらが呼んでいる工具を、現場に直送できるようにテスト運用をはじめています。インストクターになった人は、手ぶらで現場にいき、ワークショップを実施。終了後は、手ぶらで帰っていける形にしようと思っています。ですから、KILTAという拠点は、実は倉庫機も兼ね備えた存在でもあり、全にこうした拠点を増やしていきたいと思っています。

いま、全には図書館がおよそ3000カ所あります。図書館が暮らしの知恵を学ぶ場だとしたら、KILTAは暮らしの技術を学べる場所として、同じくらい全各地のインフラとして増やしていければとよく話しています。

広い工房がなくても、例えばマンションの一室をKILTAという拠点にする。そこには工具を集約し、マンションの修繕をマンションに住んでいる人がインストクターになって支えるようになるという形もあるのではと思っています」

京都で開催したセルリノベーションによるシェアスペースづくりの様子 (画像提供/KUMIKI PROJECT)

一方で、インストクターとなった人たちが、きちんと報酬を得て活躍できるような舞台をつくることも大切。現在は、リフォーム会社などにも働きかけている最中なのだそうです。

「例えば、 建築現場というのは、個人宅の新築やリノベーション、お店やオフィスづくり、共施設の修繕など、本当に多種多様です。多種多様であるということは、められるスキル難易度も本来はバラバラだということです。
にもかかわらず、どんな現場でも、すべて職人さんが仕事として受けているというのが、これまでの当たり前でした。でも、この難易度や必要なスキルをきちんと現場ごとに分析し、分類できれば、素晴らしい技術を持った職人ではなくても対応できる現場が実はたくさんあるのではないでしょうか。
業界全体で建築現場を分類する標をつくり、必要なスキルを持った人に適切にマッチングすることで、職人未満だけど、素人以上のセミプロであるインストクターの人々でも十分に対応できる舞台ができると考えています。そうすることで、地域にたくさんの小さな仕事放出され、一方で技術を持った職人さんは価値ある仕事に集中できる、そんなみんながハッピー世界をともにつくれたらうれしいです」

セルリノベーションを通じて「地域に住む人たちが自分の暮らしに『つくる時間』を取り戻していく流れができたら」と考えていたという桑原さん。地域の人たちがKILTAで学び、インストクターとして活躍できる場が増えれば、ライフスタイルや働き方も変わっていくかもしれませんね。

取材協
KUMIKI PROJECT
KILTA
(ふくだ りょうこ(エディット))
(画像提供/KUMIKI PROJECT)