国内最大級の映画情報サイト・ぴあ映画生活(ぴあ株式会社:東京都渋谷区)は、2018年4月6日、7日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表しました。
『ダンガル きっと、つよくなる』 (C)Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016
第1位は、『きっと、うまくいく』『PK』のアーミル・カーンが主演を務めた『ダンガル きっと、つよくなる』。本作は、レスリングを愛する父親のもとで熱血指導を受け成長していく娘たちの姿を実話を基に描いた作品。

第2位は、月刊コミック ジーンで連載中の田中ストライクによる人気漫画をテレビ版アニメに続いて映画化した『劇場版「SERVAMP-サーヴァンプ-」-Alice in the Garden-』。第3位は、同名絵本を原作に、1995年に映画化された『ジュマンジ』を、ドウェイン・ジョンソン主演で新たに製作したアドベンチャー大作『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』に決定しました。

************************************
1位『ダンガル きっと、つよくなる』93.3点
2位『劇場版「SERVAMP-サーヴァンプ-」-Alice in the Garden-』91.7点
3位『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』91.4点
4位『クソ野郎と美しき世界』90.8点
5位『映画 きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険』90.1点
6位『港町』87.7点
7位『ラブレス』87.5点
8位『娼年』83.2点
9位『ワンダーストラック』79.5点
10位『きみへの距離、1万キロ』75.5点
11位『ベルリン・シンドローム』69.4点
(4月7日ぴあ調べ)
************************************

観客コメント
1位『ダンガル きっと、つよくなる』93.3点

「インドの娯楽映画にかける情熱はすさまじいものがあって、ハリウッドを超える面白さだった! インドにおける女性の立場をレスリングを通じて向上させようとする親子の姿に感動した」(62歳・男性)
「現実と創作の良いとこ取り! 実話なので展開は予想できるけれど、最後には泣けて、魂が震えた。ロッキー好きは全員必見!」(50歳・男性)
「エンドロールでなぜかわからないが涙が出てしまった。インドの社会問題についても描いている。ダレる時間がまったくなくて、スキがない。最高に満足した!」(39歳・男性)

2位『劇場版「SERVAMP-サーヴァンプ-」-Alice in the Garden-』91.7点
「友情と家族の絆を感じられる作品だった。シリアスなところあり、笑いありで、これを観たら絶対に原作が気になると思う。敵キャラも好きになっちゃうくらい、キャラクターが魅力的」(18歳・女性)
「キャラクターたちのこれまで見せていない一面が描かれていて、特にスノウリリイの感情の変化には、胸が締めつけられた。テレビ版ではカットされてしまったシーンもあって嬉しかった」(28歳・女性)
「スノウリリイのエピソードが一番印象に残っている。原作ファンなので、原作にないエピソードがあって面白かった。原作とテレビ版、どちらのファンも楽しめる作品になっている」(23歳・女性)

3位『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』91.4点
「映像にスピード感があって、テンポよく話がサクサク進むので、観ていて気持ちがよかった。前作との繋がりを感じるなかなか凝った部分もあって面白かった」(25歳・男性)
「ストーリーに起承転結があって、迫力ある映像もよかった。コメディ要素もあるが、平凡な高校生たちの成長を見守っているような気持ちにもなり、感動があった」(50代・女性)
「現実世界とゲームの世界での主人公たちのギャップに笑った。初めは仲が悪くても最後には結束していくところに感動。前作と比べて内容が現代的になっていて楽しかった」(46歳・男性)

※ぴあ映画初日満足度調査とは
ぴあ(株)が公開初日に映画館で出口調査を実施し、 観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表するもの。
ぴあ映画初日満足度ランキング
http://cinema.pia.co.jp/ranking/
ぴあ映画生活
http://cinema.pia.co.jp/

■添付画像/クレジット
『ダンガル きっと、つよくなる』
(C)Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016

配信元企業:ぴあ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ