ハリルホジッチ監督の解任翌日、自身のツイッター更新「遅すぎることはない」

 日本サッカー協会JFA)の田嶋幸三会長は9日、バヒド・ハリルホジッチ監督の解任と西野朗技術委員長監督就任を発表した。日本サッカー界のみならず世界中に衝撃が走るニュースとなったが、パチューカ日本代表FW本田圭佑ツイッター更新。「It’s never too late」(遅すぎることはない)とった。

 ハリジャパンは昨年11月欧州遠征でブラジル(1-3)、ベルギー(0-1)に敗れ、同12月のE-1選手権でも宿敵の韓国に1-4で敗。3月ベルギー遠征でも仮想セネガルマリ(1-1)、仮想ポーランドウクライナ(1-2)に勝利できず、6月ロシアワールドカップW杯)に向けて暗が漂っていた。

 JFAは9日に会見を行い、ハリルホジッチ監督の解任と西野技術委員長監督就任を発表。選手との信頼関係が薄れてきていたという理由からその決断は正しいという意見がある一方で、本大会まで2カとなった段階での監督交代は遅すぎるとのもあり、賛否両論となっていた。

 そんななか、長年日本代表を牽引してきた本田は10日に自身のツイッター更新、「It’s never too late」とった。何に対する言及かは明記していないものの、「遅すぎることはない」という意味を考えれば、監督交代となっても日本はまだ巻き返せるという旨だと見ていいだろう。投稿の返信欄には、「本田さんならこの状況を打開できると信じてます!」「何ごともチャレンジ! やってみなきゃ分からないですよね!」と期待のコメントが寄せられた。

 苦に直面するたびに、それを乗り越えてトッププレーヤーにまで上り詰めた本田。自らった言葉を明するためにも、W杯メンバー23人に入り、チーム強く牽引することが期待される。


Football ZONE web編集部)

パチューカの日本代表FW本田圭佑がツイッターで持論【写真:Getty Images】