石田ゆり子のインスタグラムがまたしても話題になっている。何と4月2日に、頻発する「靴泥棒」の正体を知るために監視カメラを設置したとのこと。すでに犯人は特定されているため、石田は決定的な瞬間を見たくてカメラを取り付けたと明かしている。

 実はこの事件、犯人は石田が一緒に暮らしているハニオとタビという名前の雄猫なのだ。石田のインスタグラムによると、2匹は石田のスニーカーやブーツなどの靴類をシューズクローゼットから持ち出しては室内に持ち込み、時にはオブジェのように積み上げたり、散乱させて置きっぱなしにしたりと好き放題することが多いため、単独犯によるものなのか、はたまた共犯なのかを知りたいらしい。

「猫2匹による靴泥棒事件は先月から複数回の投稿があり、石田が事件風のコメントと写真で構成しているんです。このシリーズには多くのファンがいるようで『犯人はしっぽを見せてもしっぽを捕まえさせてはくれませんね』『耳の向きからして犯人はハニオだな?』など、フォロワーからのほっこりコメントも評判なんだそうですよ」(女性誌記者)

 SNSに投稿した文章や写真で失敗する芸能人が多い中、上手に使いこなしている石田。きっと石田に飼われる猫になって、彼女の匂いがする靴にじゃれつきたいフォロワーが大勢いることだろう。

アサ芸プラス