働く妙齢男女が直面する「野菜を摂らなきゃ」プレッシャーも何のその。楽しくおいしく、野菜で飲めれば最高! と、酒に合う野菜のおつまみ、通称“ベジつまみ”を提案。外食好き&料理ベタの酒飲み女性ライターが、マクロビ料理家・丸さんの指南を受けつつお届けします。

 東京の桜は咲いたが、花粉もすごい。

 はらはらと散る花びらにうっとりしながらクシャミ一発。
 こういう時期はどうも調子が今ひとつ。「一月は行ってしまう、二月は逃げてしまう、三月は去ってしまう」と誰が言ったか知らないが、ホント年明けから今日までは一瞬の間。気持ち新たな空気に満ちたこの時期は歓送迎会も多い。外食続きの胃腸はあまり芳しい調子とは言えないし、こういうときの家飲みこそベジつまみの優しさに期待したいもの。さて、今回はどんな一品が出てくるか。

「キノコをたっぷり乗せて、お豆腐のステーキを作ってみましたよ」と丸さんが持ってきた皿の中には、こんがりキツネ色に焼き上がった豆腐と満載のきのこ。乗っているのはしいたけ、まいたけ、なめたけ、か。表面はカリッとしているが、絹豆腐らしいなめらかさを残した内側はウルウルの熱々。出汁としょう油のシンプルな味つけに、なめたけのとろみがちょうどよく絡んだキノコたちと一緒に食すと、なかなかの食べ応え。揚げ出し豆腐ほど油っぽくないし、湯豆腐ほどさっぱりでもない、ちょうどいい塩梅だ。

「熱々で食べるのはもちろん、夏は冷やして食べてもおいしいんですよ」と丸さん。なんでも、上にかけたキノコソースだけを多めに作っておき、ごはんと一緒に煮こんでリゾット風にしてもいけるのだとか。たしかにそれもおいしそうだ。

 カロリーも低そうだし、飲み食いし過ぎた後のお助けつまみとして、活躍しそうな予感だ。

「たっぷりキノコのせ豆腐ステーキ」のレシピ

材料(1人分)

・しいたけ……2個
・まいたけ……30g
・なめたけ……50g
・絹ごし豆腐……1/2丁
・三つ葉……適量
・出し汁……100cc
・しょう油……大さじ1.5
・みりん……大さじ2.5
・ごま油……大さじ1
・塩……適量
・ゆずの皮……適量
・黒コショウ……適量

作り方

1.しいたけは石づきをカットし、薄くスライスする。まいたけも石づきを取り、食べやすい大きさにカットする。絹ごし豆腐はしっかり水切りをしてから、1cmの厚さに切る。柚子の皮は細かく刻んでおく。

2.小鍋に出し汁を入れ、しょう油とみりんを入れる。沸騰したらしいたけ、まいたけ、なめたけを入れて10分中火で煮る。

3.フライパンにごま油を入れ、水切りした豆腐を小麦色になるまで中火でじっくり焼く。焼き色がつくまで裏返さず、必要に応じて油を足すようにすると、崩れずに焼ける。

4.鍋の【2】にとろみがついてきたら塩で味を調える。【3】の豆腐をお皿に盛り、【2】をかけてから三つ葉を盛り、黒コショウと柚子の皮を全体にかけて完成。

●プロフィール

料理監修/丸さん こと 丸山翔

埼玉県出身、東京在住。鉄板焼き料理人、マクロビオテックセラピスト。スケートボードライダーを経て料理修業を開始。自身の店を開店後、現在は野菜や自然食を得意とする半農料理人として出張居酒屋などのイベントも開催。トランスセクシャルとしてLGBTのサポート活動も行う。
HP: http://okonomimaru-sk8.wixsite.com/marusuke-kitchen

写真・文/木内アキ

北海道出身、東京在住。“オンナが楽しく暮らすこと”をテーマに、雑紙や書籍、ウェブなどで人・旅・暮らしにフォーカスした文章を執筆。好きなつまみは氷頭。目標は「きちんとした自由人」。執筆活動の傍ら、夫と共に少数民族の手仕事雑貨を扱うアトリエショップ『ノマディックラフト』を運営中。
HP: http://take-root.jp/

食楽web