伝説のジャック・ニクラス氏の孫、ゲイリーがパー3コンテストでエースを達成し感動を呼んだ

 米男子ゴルフの4大メジャー初戦、マスターズ(オーガスタGC)は世界ランク11位、パトリック・リード(米国)の初優勝で幕を閉じた。開幕前恒例のパー3コンテストでは伝説のジャック・ニクラス氏(米国)のキャディーを務めた15歳の孫がホールインワンを達成。奇跡の瞬間を大会公式ツイッターが公開し、米ファンから「こんな筋書き誰も書けないよ…」と感動の声が上がっていたが、PGAは「今週、最も記憶に残るエース」と再びスポットライトを浴びせている。

 オーガスタでは今年も数々のドラマが生まれたが、負けないくらいの輝きを放ったのが15歳のアマチュアだった。

 ジャック・ニクラス氏のキャディーを務めた孫のゲイリー・ニクラスが放った一打は、ピン右奥6~7メートルの位置に着弾し、傾斜をつたってピン方向へ。5メートル、3メートル……。ラインに乗ったボールは縁で止まりかけたが、最後はパトロンの熱気に押されるようにカップに消えた。

 ゲイリーは飛び上がって喜び、そして見守っていた祖父のニクラス氏と力強く抱擁。「よくやった」と言わんばかりに強く肩を抱き寄せられ、伝説の名手から称えられていた。

最終日にはホフマンがエース達成、「ホフマンのショットの方が凄かった」という声も

 PGAは再びこのシーンに脚光を浴びせている。公式ツイッターで動画を公開すると、ファンからはもう一度、称賛の声が上がっていた。

「確かにこれは胸を打つ、特別な一打だ」

「才能を垣間見せた瞬間だ」

「ホフマンのショットの方が凄かったが、これも素晴らしい」

「実際拍手を送るべきショットだ。ホフマンのエースの次にね」

 最終日には、より難易度の高い16番ホールで、チャーリー・ホフマン(米国)が見事なホールインワンを達成。実際のトーナメントの中で決めたとあって、「ホフマンのショットの方が凄かった」という声もあったが、15歳の少年が世界最高の会場で決めた一撃もまた大会を大いに盛り上げたのは間違いない。(THE ANSWER編集部)

ゲイリー・ニクラスがホールインワンを達成【写真:Getty Images】